世界一愉しくバスケであそぶバスケカフェ 〓●BALL TONGUE●〓

L.A.とNYC仕込みのアメリカンフードと種類豊富なお酒やドリンクが愉しめるカフェ。NBAの試合を毎日放映中。人気のフードは特製のドライカレーやタコス、フィリーチーズステーキや手づくりのフレンチフライなど。オリジナルアパレルや輸入品、オリジナル雑貨の販売もしている♠

オリジナルT、バスケアイテムなどを扱うオンラインストア。もちろんBALL TONGUE店頭にも商品あり。 オリジナル雑貨などを扱うオンラインストア。もちろんBALL TONGUE店頭にも商品あり。 東西線『木場駅』から徒歩2分、店への行き方はここをご覧あれ。 日本で唯一、世界にも稀なバスケカフェ。そんな店BALL TONGUEでは、連夜フレッシュなNBAのゲームを放映中。 本格機材とこだわりのカフェ空間でDJイベントが行えます。 バスケットボールカフェBALL TONGUEのfacebookページ。 伝説ノユニフォーム屋。BALL TONGUEでデザインの打ち合わせなどもできます。

プロフィール

MUЯ&BALLTONGUEcrew

Author:MUЯ&BALLTONGUEcrew
東京の東側・木場T13/*東京方面寄りの端の4b出口)にあるバスケ50%:アート50%のカフェ。人気のメニューは特製のドライカレーやタコス、フィリーチーズステーキや手づくりのフレンチフライなど。L.A.とNYC仕込みのアメリカンフードと種類豊富なお酒やドリンクが愉しめて、自在な心地よさとクリエイティブな刺激に浸かれる憩いの場。NBAの試合を毎日放映中。オリジナルアパレルや輸入品オリジナル雑貨の販売もしている。

◆◇行き方/〒135-0042 東京都江東区木場6-10-5 栗田ビル2F

より大きな地図で T-13 を表示◆◇

◆◇電話:03-3640-3742◆◇
◆◇営業時間/16:00-23:45◆◇

◆◇定休日/日曜
*祝日は通常営業してます。
◆◇

◆◇東西線木場駅4b出口(*東京方面寄りの端)のすぐそばのバスケットボールカフェ。◆◇

┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻






6-10-5, Kurita Bldg. 2F, Kiba, Koto Ward, Tokyo, JPN 135-0042[MAP]

Phone(03)3640-3742

OPEN hours;
Mon-Sat. 16:00-23:45

*On National Holidays, we usually open as on daily hours.

cozy cafe/bar, 2minutes walk from metro T13(exit 4b).
┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻

NBAオフ会パック">NBAオフ会パック
offpartypack_master_w150.jpg

特別メニューを含む料理のコース+チームイメージのNBAカクテルを含む2hの飲み放題で3500yen


 ・貴方のチームイメージのNBAカクテルを含む2hの飲み放題

 ・このパックでしか食べられないBT特大ハンバーグつき

 ・持ち込みのジャージやロゴグッズ展示で、店内をそのチームのカフェに改造

 ・当日放映するゲームの決定権あり

 ・記念集合写真の撮影サービスあり

 ・飲み放題のラストオーダー後もゆったりと滞在可能

 ・BTスタッフやHOOP誌の援護のもと、チーム公式アカウントに英語で突撃


*席の予約、およびイベントパーティー開催可能。気軽にお問い合わせください。

→Phone;(03)3640-3742
 Mail;cafeballtongue@gmail.com
 facebookページtwitterアカウント
━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━


┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻

●blogライター紹介●
MUЯ(まー)_アメリカンフードの荒削りな魅力を愛する調理人。映像・画像・服飾での表現を好むアーティストでもあり、バスケットボールは生涯現役。

hojaluna_雑貨と茶葉系に詳しい。ラッピングのスペシャリスト。#BTzakkaの作者。ナウシカのチククに似てる。映画にも関心がたかく、とくに単館系に通じている。

◇◆◇◇◇

日常か夢うつつか、ここを起点に拡がるほのかな旅路。一番たいせつなことは目にみえない[A.SE]。自在な心地よさとクリエイティブな刺激に浸かろう。ご来場あれ★

Never Surrender Life and Expression is a Fight,

ARTSAVESLIVES

ブログ内検索

「ウィリアム・メレル・ヴォーリズ展」 By Leafie

「ウィリアム・メレル・ヴォーリズ展 /

William Merrell Vories as an Architect」



WMVA00.jpg


~恵みの居場所をつくる~
この言葉に誘われ☆行って来ました。

ヴォーリズという名前は、知らなくても
その建築の数々を見進めるうちに
これ、見たことある!ばかりが多くてビックリ。
それもそのハズ、、、
ヴォーリズの拠点だったという近江八幡、軽井沢をはじめ
彼の作品は日本全国にあるというのだから本当にすごい。
ミッションスクール、教会をはじめ商業施設、個人宅に至るまで
その数の多さにただただビックリ。

WMVA02.jpg
旧朝吹山荘 (見覚えあるなぁ.....と思ったらこのカード持ってました。)


写真パネル、手書きのオリジナル設計図面をはじめ
模型、映像などで紹介される展示会は文字量もかなり。
しかし、建築についてまったくのド素人な自分でも比較的理解しやすく、
どんどんとヴォーリズの世界に入り込めましたー。

そうそう、ヴォーリズは、
メンソレータムを初めて日本に紹介した人物でもあり、
雰囲気たっぷりな当時のメンソレータムの箱とかも
展示されてましたー。

展示モノが続く中で、
実際にヴォーリズ建築の中に入ってみたいなー
触ってみたいなーと思いはじめてると、、、
後半に現れる体験型模型!
そこでその世界観を体感出来、カンドー☆

「九尺二間」と称された
軽井沢に現存の旧ヴォーリズ山荘(浮田山荘)の
ウォークイン原寸大模型!
実際にヴォーリズ夫妻が愛用していた椅子やテーブルも一緒に
展示してあり、
リアルにヴォーリズ建築を感じることができます。

WMVA01.jpg


ヴォーリズ自身が「住宅」をテーマに出版した
『吾家の設計』という本もそこで紹介されており、
そのなかの「最小限の住宅設計」について記した中の
印象に残った一文。

「台所と寝室があればそれは家です。けれども、家とホームは違います。
居間ができて初めてホームの資格があるのです。」

部屋でなく家、家でなくホーム、とは。
そうかーーー、と妙に?納得(笑)。

もうひとつ、ヴォーリズの建築で特徴的だという階段☆
"幅広で、踏み込みは深く段差は小さく"の原寸モデルがあり、
実際自分で登り降り出来ます。

もちろん、写真撮影は×だったので
文章でつらつらと書いてしましましたが
500円という料金で
ヴォーリズの建築作品だけでなく、
その人物像までも見所満載で、随分楽しめました。
場所柄なのか?混んでないのも◎


~雑貨、アパレル、オリジナルグッズ、販売中~

さてっ、この木場バスケカフェブログ、はて何位??


By Leafie
comments(0)|trackback(0)|☆ART_アート|2009-05-28_16:13|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

basketballcafe_twitter

MURontheDL_twitter

hojaluna_twitter

"just do that shit"

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ