世界一愉しくバスケであそぶバスケカフェ 〓●BALL TONGUE●〓

L.A.とNYC仕込みのアメリカンフードと種類豊富なお酒やドリンクが愉しめるカフェ。NBAの試合を毎日放映中。人気のフードは特製のドライカレーやタコス、フィリーチーズステーキや手づくりのフレンチフライなど。オリジナルアパレルや輸入品、オリジナル雑貨の販売もしている♠

オリジナルT、バスケアイテムなどを扱うオンラインストア。もちろんBALL TONGUE店頭にも商品あり。 オリジナル雑貨などを扱うオンラインストア。もちろんBALL TONGUE店頭にも商品あり。 東西線『木場駅』から徒歩2分、店への行き方はここをご覧あれ。 日本で唯一、世界にも稀なバスケカフェ。そんな店BALL TONGUEでは、連夜フレッシュなNBAのゲームを放映中。 本格機材とこだわりのカフェ空間でDJイベントが行えます。 バスケットボールカフェBALL TONGUEのfacebookページ。 伝説ノユニフォーム屋。BALL TONGUEでデザインの打ち合わせなどもできます。

プロフィール

MUЯ&BALLTONGUEcrew

Author:MUЯ&BALLTONGUEcrew
東京の東側・木場T13/*東京方面寄りの端の4b出口)にあるバスケ50%:アート50%のカフェ。人気のメニューは特製のドライカレーやタコス、フィリーチーズステーキや手づくりのフレンチフライなど。L.A.とNYC仕込みのアメリカンフードと種類豊富なお酒やドリンクが愉しめて、自在な心地よさとクリエイティブな刺激に浸かれる憩いの場。NBAの試合を毎日放映中。オリジナルアパレルや輸入品オリジナル雑貨の販売もしている。

◆◇行き方/〒135-0042 東京都江東区木場6-10-5 栗田ビル2F

より大きな地図で T-13 を表示◆◇

◆◇電話:03-3640-3742◆◇
◆◇営業時間/16:00-23:45◆◇

◆◇定休日/日曜
*祝日は通常営業してます。
◆◇

◆◇東西線木場駅4b出口(*東京方面寄りの端)のすぐそばのバスケットボールカフェ。◆◇

┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻






6-10-5, Kurita Bldg. 2F, Kiba, Koto Ward, Tokyo, JPN 135-0042[MAP]

Phone(03)3640-3742

OPEN hours;
Mon-Sat. 16:00-23:45

*On National Holidays, we usually open as on daily hours.

cozy cafe/bar, 2minutes walk from metro T13(exit 4b).
┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻

NBAオフ会パック">NBAオフ会パック
offpartypack_master_w150.jpg

特別メニューを含む料理のコース+チームイメージのNBAカクテルを含む2hの飲み放題で3500yen


 ・貴方のチームイメージのNBAカクテルを含む2hの飲み放題

 ・このパックでしか食べられないBT特大ハンバーグつき

 ・持ち込みのジャージやロゴグッズ展示で、店内をそのチームのカフェに改造

 ・当日放映するゲームの決定権あり

 ・記念集合写真の撮影サービスあり

 ・飲み放題のラストオーダー後もゆったりと滞在可能

 ・BTスタッフやHOOP誌の援護のもと、チーム公式アカウントに英語で突撃


*席の予約、およびイベントパーティー開催可能。気軽にお問い合わせください。

→Phone;(03)3640-3742
 Mail;cafeballtongue@gmail.com
 facebookページtwitterアカウント
━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━


┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻

●blogライター紹介●
MUЯ(まー)_アメリカンフードの荒削りな魅力を愛する調理人。映像・画像・服飾での表現を好むアーティストでもあり、バスケットボールは生涯現役。

hojaluna_雑貨と茶葉系に詳しい。ラッピングのスペシャリスト。#BTzakkaの作者。ナウシカのチククに似てる。映画にも関心がたかく、とくに単館系に通じている。

◇◆◇◇◇

日常か夢うつつか、ここを起点に拡がるほのかな旅路。一番たいせつなことは目にみえない[A.SE]。自在な心地よさとクリエイティブな刺激に浸かろう。ご来場あれ★

Never Surrender Life and Expression is a Fight,

ARTSAVESLIVES

ブログ内検索

明日11日(木)20:00~第3回Yoga Tongue開催! by MUЯ

感情の純度とは?って考えた。
先月もYoga Tongueのあと、頭の片隅はしばらく勝手にぐりぐりと動いてた。
あの晩俺は、怒りを精神のエネルギーと解釈した。ならば喜怒哀楽総てはエネルギーで、それぞれに色が異なるだけだ。
そのエネルギーが発露した瞬間は、まさしく純度百の感情そのもの。それがやがて時を経るにつれその純度は褪せて、代わってそこに配慮、客観、主観、社会、状勢、美学、利害、善意、悪意、意欲、戦略、怠惰などの諸要因が関わってくる。そして思考が複雑化していく。
これら要因諸々が導き出す結論と、感情の方向性が同方位であれば難はないが、異なる場合も当然ある。
例をあげるまでもなく、感情任せに動いてしっぺ返しをくらうような体験は多々思い浮かぶはず。そこでよく云われる感情の制御が論点となるが、この考え方自体もまた、正負両極をはらんでいる。

ここで感情の性質に立ち返ると、感情とはその膨大なエネルギーをもってして、その感情の表出、欲求の発露自体を目的としている。喜びなら喜び、怒りなら怒りを顕したいだけで、それ以外の思考要因はすべて、その表現を正当化するために仕向けられるリスクがある。

一方で感情のエネルギーは、行動遂行の大きな原動力そのものであり、感情の色彩は人間の深みを際立たせる。
感情が人を前へと駆り立てて、それらの色彩の深まりが、人間という芸術をより魅力的に仕立てていく。
たとえばもしそこで、感情の制御や抑制のみを繰り返せばどうなるか。徐々にのっぺりとした、熱を発さぬでく人形が形成されていく畏れがある。制御にはもちろん、理性がもたらす答えへと駆り立てるエネルギーへの転化という側面もあることは承知するが、それ以上に感情とは野性的で、ときに制御ままならないほど奔放なだけに抑制も必然だからだ。

一般的に喜や楽にくらべて、怒や哀の感情はネガティブなものとして忌避されがちだが、それらの制御ばかりを意識すると喜や楽すら枯れかねないし、そもそもこれら感情の総ては人という存在のなかで、等しく受け入れられるべきものだ。

総括してこの話は、感情の赴くままに動くことをすべて良しとするわけではなく、かといって感情の制御ばかりを望む発想には疑問を持ち続ける。
感情とはまるで、美しくもわがままな熱の固まり。

結論に感じるのは、結局そんなもんで、なんの説法にもなりゃしないが…w。




以上はYoga Tongue数日後のうちに書き残したメモをベースに、ちょっと構成をなおしたもの。
「アタマだいじょぶ?」と自らを茶化したくもなるが、ま、たまにはこんな思索にふける時間もありかもと思う。

yoga_tongue.jpg

普段ならば考えもしないよーなテーマを、その後しばらく延々と考えたくなるような刺激をくれるのが、このYoga Tongue
参加者にとっちゃまるで、思考の迷宮に誘われてる気分かも。。。
Yogaを主題にしたトークの中に脳に普段とは違う刺激があるみたい。面白いよー。

以下詳細↓


「Yoga Tongue」は「ヨーガ」をテーマにおしゃべりするイベントです。

場所は木場BALL TONGUEで、毎月第2木曜の20:00から。

今月は今週11日(木)です!

毎回、ネタとして主催者マイケルがテーマに関する
パワーポイント資料を用意して、
それにみんなでツッ込みを入れてくと言う形で進めます。

ヨーガの経験・未経験は問いません。

ヨーガに対しての期待を少しずつ持ち寄って
実りあるイベントにしましょう。

当日、開催時間にBALL TONGUEにふらっと来ていただければ良いです。

参加費は無料(*1ドリンクのオーダーをお願いします)。


BALL TONGUEオリジナルグッズ、オンラインストアでも好評発売中♪
さてっ、この木場バスケカフェブログ、はて何位??

By MUЯ
comments(0)|trackback(0)|☆EVENT INFO._イベント告知|2010-03-10_04:33|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

#東京EASTSIDE マップ拡散プロジェクト

basketballcafe_twitter

MURontheDL_twitter

hojaluna_twitter

"just do that shit"

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ