世界一愉しくバスケであそぶバスケカフェ 〓●BALL TONGUE●〓

L.A.とNYC仕込みのアメリカンフードと種類豊富なお酒やドリンクが愉しめるカフェ。NBAの試合を毎日放映中。人気のフードは特製のドライカレーやタコス、フィリーチーズステーキや手づくりのフレンチフライなど。オリジナルアパレルや輸入品、オリジナル雑貨の販売もしている♠

オリジナルT、バスケアイテムなどを扱うオンラインストア。もちろんBALL TONGUE店頭にも商品あり。 オリジナル雑貨などを扱うオンラインストア。もちろんBALL TONGUE店頭にも商品あり。 東西線『木場駅』から徒歩2分、店への行き方はここをご覧あれ。 日本で唯一、世界にも稀なバスケカフェ。そんな店BALL TONGUEでは、連夜フレッシュなNBAのゲームを放映中。 本格機材とこだわりのカフェ空間でDJイベントが行えます。 バスケットボールカフェBALL TONGUEのfacebookページ。 伝説ノユニフォーム屋。BALL TONGUEでデザインの打ち合わせなどもできます。

プロフィール

MUЯ&BALLTONGUEcrew

Author:MUЯ&BALLTONGUEcrew
東京の東側・木場T13/*東京方面寄りの端の4b出口)にあるバスケ50%:アート50%のカフェ。人気のメニューは特製のドライカレーやタコス、フィリーチーズステーキや手づくりのフレンチフライなど。L.A.とNYC仕込みのアメリカンフードと種類豊富なお酒やドリンクが愉しめて、自在な心地よさとクリエイティブな刺激に浸かれる憩いの場。NBAの試合を毎日放映中。オリジナルアパレルや輸入品オリジナル雑貨の販売もしている。

◆◇行き方/〒135-0042 東京都江東区木場6-10-5 栗田ビル2F

より大きな地図で T-13 を表示◆◇

◆◇電話:03-3640-3742◆◇
◆◇営業時間/16:00-23:45◆◇

◆◇定休日/日曜
*祝日は通常営業してます。
◆◇

◆◇東西線木場駅4b出口(*東京方面寄りの端)のすぐそばのバスケットボールカフェ。◆◇

┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻






6-10-5, Kurita Bldg. 2F, Kiba, Koto Ward, Tokyo, JPN 135-0042[MAP]

Phone(03)3640-3742

OPEN hours;
Mon-Sat. 16:00-23:45

*On National Holidays, we usually open as on daily hours.

cozy cafe/bar, 2minutes walk from metro T13(exit 4b).
┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻

NBAオフ会パック">NBAオフ会パック
offpartypack_master_w150.jpg

特別メニューを含む料理のコース+チームイメージのNBAカクテルを含む2hの飲み放題で3500yen


 ・貴方のチームイメージのNBAカクテルを含む2hの飲み放題

 ・このパックでしか食べられないBT特大ハンバーグつき

 ・持ち込みのジャージやロゴグッズ展示で、店内をそのチームのカフェに改造

 ・当日放映するゲームの決定権あり

 ・記念集合写真の撮影サービスあり

 ・飲み放題のラストオーダー後もゆったりと滞在可能

 ・BTスタッフやHOOP誌の援護のもと、チーム公式アカウントに英語で突撃


*席の予約、およびイベントパーティー開催可能。気軽にお問い合わせください。

→Phone;(03)3640-3742
 Mail;cafeballtongue@gmail.com
 facebookページtwitterアカウント
━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━


┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻

●blogライター紹介●
MUЯ(まー)_アメリカンフードの荒削りな魅力を愛する調理人。映像・画像・服飾での表現を好むアーティストでもあり、バスケットボールは生涯現役。

hojaluna_雑貨と茶葉系に詳しい。ラッピングのスペシャリスト。#BTzakkaの作者。ナウシカのチククに似てる。映画にも関心がたかく、とくに単館系に通じている。

◇◆◇◇◇

日常か夢うつつか、ここを起点に拡がるほのかな旅路。一番たいせつなことは目にみえない[A.SE]。自在な心地よさとクリエイティブな刺激に浸かろう。ご来場あれ★

Never Surrender Life and Expression is a Fight,

ARTSAVESLIVES

ブログ内検索

yoga tongue補講。by MUЯ 

って訳じゃないが、先週ひさびさにゆっくり話できた。

yoga tongueはなんとなくyoga(ヨガ)と話してるよーなもんらしい。
yogaをやってる2人とのつき合いはかなり長いが、やつらの頭の中にあるyogaとのつきあいはまだ1年程度だから、yogaは俺にとってはあいかわらず得体が知れないw。
独特の価値体系や思考体系をもった、褐色のじーさん(もしくはおっさん)の話を聞いてるよーなもんだろう。

自らの感覚や体験に置きかえてみると納得がいく話もあるし、どーも釈然としない言い分に聞こえるときもある。

まぁしかし人間同士のやりとりもそんなことの連続だし、そう考えるとyogaじーさんの意見や主張は、一聴に値するものも多いかも。


この日聴いた話で印象を残したのは、“yogaはyogaをやること自体が目的”という表現。
美容、健康、精神性などなど、さまざまなメリットがうたわれがちなyogaだけど、それらはすべて副次的なおまけであって本質じゃない。本質じゃないってことは目的にはならないってことで、結局yogaをすること自体のみがyogaだとか。
なんとなく禅問答っぽくなってきたので、具体的なとこに話を戻すと、yogaという行為を生活習慣にすることで、からだの声を聴いたり、からだにいい作用を及ぼせる領域の拡大や能力の向上ってのはあるらしい。そしてそれと同時に、作用を及ぼせない領域があることを受容したりもする。肉体的、精神的、社会的なとこなど、様々な領域で自分の思惑通りにいかないことは多々ある。それを容認した上で、向き合う姿勢をとれることも、恩恵のひとつだったりするよーだ。
つまりは枝葉に目をとられずに、根幹のyogaを目的にしてれば、変にぶれることなくyogaの本質を遂げられると。

ここで気づくのは、ここでのyogaが人によって色んなものに置き換えられるっていうこと。

俺ならば例えば、バスケとかアートとか読書とか。
とくに読書については最近よく思う。

“読書は読書自体が目的だ”と。
補足するなら、読書という体験自体が目的だといってもいい。
本が読まれる大きな理由の一つに、知識や情報収集がある。
それはそれで否定しないし、俺ももちろんそーするときはある。
けれど、そこに偏重する傾向を社会のどこかに感じたとき、小さな違和感とあさましさのようなものを感じたりもする。とくに実用書やハウツーものだけの書棚はじつに滑稽だ。

「本を読んだら必ず知識を得なければいけないのか」って疑問。
そこを目的としなくなったとき、もっとすばらしい体験がすぐそこにある。
ま、俺なんかが云わなくても本好きには当然のことか。。。


バスケもアートも、それをやることが全てになる。
これも、仲間ならきっとわかってるはず。
そりゃー健康に良かったり、精神性を高めたりもしてくれるときはある。
けど逆に、しっかり痛めつけてくれたりもする。
どちらにせよ、それが目的じゃないからどっちでもいい。


とにかく、やること自体が目的だって発想は潔くて好きだ。
俺は人を巧い下手で測るより、行動と姿勢への興味が強い。
下手でもがつがつやってるなら絶対なにか面白いものに化けると期待する。
反対に、自らの装飾用に大切な言葉を浪費する行為はげんなり。
つまりposersとかwannabeesと呼ばれる人たちのことだけど、そのおかげでたとえばもともとは尊かったクリエィティブって言葉とかが、いまはたっぷりアカにまみれてる。
自分をクリエイターっていうならずっと手を動かしてモノをつくって、ボーラーというならバスケは実際に楽しみつづけるのが必然なのに、そーでもないのに粉飾と自己陶酔のために、その言葉を名札に入れる。

“Style is evrythng”とは俺の大切な信条のひとつ。墓の中でも自らに問う。
思索の糸が、翌々日にはそんなとこまで絡みつき拡がっていく会話をした。

1june_sign.jpg


もう一度いうと、この日のはyoga tongueではなく日常会話だったけど、こんな刺激が脳をくすぐりにくる日がまた近くに迫ってもいる。
今月のyoga tongueは来週木曜(10日)なり♪
BALL TONGUEオリジナルグッズ、オンラインストアでも好評発売中♪
さてっ、この木場バスケカフェブログ、はて何位??

By MUЯ
comments(0)|trackback(0)|★IMPRESSION_雑感・日誌|2010-06-01_18:29|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

#東京EASTSIDE マップ拡散プロジェクト

basketballcafe_twitter

MURontheDL_twitter

hojaluna_twitter

"just do that shit"

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ