世界一愉しくバスケであそぶバスケカフェ 〓●BALL TONGUE●〓

L.A.とNYC仕込みのアメリカンフードと種類豊富なお酒やドリンクが愉しめるカフェ。NBAの試合を毎日放映中。人気のフードは特製のドライカレーやタコス、フィリーチーズステーキや手づくりのフレンチフライなど。オリジナルアパレルや輸入品、オリジナル雑貨の販売もしている♠

オリジナルT、バスケアイテムなどを扱うオンラインストア。もちろんBALL TONGUE店頭にも商品あり。 オリジナル雑貨などを扱うオンラインストア。もちろんBALL TONGUE店頭にも商品あり。 東西線『木場駅』から徒歩2分、店への行き方はここをご覧あれ。 日本で唯一、世界にも稀なバスケカフェ。そんな店BALL TONGUEでは、連夜フレッシュなNBAのゲームを放映中。 本格機材とこだわりのカフェ空間でDJイベントが行えます。 バスケットボールカフェBALL TONGUEのfacebookページ。 伝説ノユニフォーム屋。BALL TONGUEでデザインの打ち合わせなどもできます。

プロフィール

MUЯ&BALLTONGUEcrew

Author:MUЯ&BALLTONGUEcrew
東京の東側・木場T13/*東京方面寄りの端の4b出口)にあるバスケ50%:アート50%のカフェ。人気のメニューは特製のドライカレーやタコス、フィリーチーズステーキや手づくりのフレンチフライなど。L.A.とNYC仕込みのアメリカンフードと種類豊富なお酒やドリンクが愉しめて、自在な心地よさとクリエイティブな刺激に浸かれる憩いの場。NBAの試合を毎日放映中。オリジナルアパレルや輸入品オリジナル雑貨の販売もしている。

◆◇行き方/〒135-0042 東京都江東区木場6-10-5 栗田ビル2F

より大きな地図で T-13 を表示◆◇

◆◇電話:03-3640-3742◆◇
◆◇営業時間/16:00-23:45◆◇

◆◇定休日/日曜
*祝日は通常営業してます。
◆◇

◆◇東西線木場駅4b出口(*東京方面寄りの端)のすぐそばのバスケットボールカフェ。◆◇

┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻






6-10-5, Kurita Bldg. 2F, Kiba, Koto Ward, Tokyo, JPN 135-0042[MAP]

Phone(03)3640-3742

OPEN hours;
Mon-Sat. 16:00-23:45

*On National Holidays, we usually open as on daily hours.

cozy cafe/bar, 2minutes walk from metro T13(exit 4b).
┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻

NBAオフ会パック">NBAオフ会パック
offpartypack_master_w150.jpg

特別メニューを含む料理のコース+チームイメージのNBAカクテルを含む2hの飲み放題で3500yen


 ・貴方のチームイメージのNBAカクテルを含む2hの飲み放題

 ・このパックでしか食べられないBT特大ハンバーグつき

 ・持ち込みのジャージやロゴグッズ展示で、店内をそのチームのカフェに改造

 ・当日放映するゲームの決定権あり

 ・記念集合写真の撮影サービスあり

 ・飲み放題のラストオーダー後もゆったりと滞在可能

 ・BTスタッフやHOOP誌の援護のもと、チーム公式アカウントに英語で突撃


*席の予約、およびイベントパーティー開催可能。気軽にお問い合わせください。

→Phone;(03)3640-3742
 Mail;cafeballtongue@gmail.com
 facebookページtwitterアカウント
━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━


┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻

●blogライター紹介●
MUЯ(まー)_アメリカンフードの荒削りな魅力を愛する調理人。映像・画像・服飾での表現を好むアーティストでもあり、バスケットボールは生涯現役。

hojaluna_雑貨と茶葉系に詳しい。ラッピングのスペシャリスト。#BTzakkaの作者。ナウシカのチククに似てる。映画にも関心がたかく、とくに単館系に通じている。

◇◆◇◇◇

日常か夢うつつか、ここを起点に拡がるほのかな旅路。一番たいせつなことは目にみえない[A.SE]。自在な心地よさとクリエイティブな刺激に浸かろう。ご来場あれ★

Never Surrender Life and Expression is a Fight,

ARTSAVESLIVES

ブログ内検索

東京ストリートボールの年表とコラム(資料) by MUЯ

tokyostreetball02_w480.jpg

バスケットボールは現在、これまでのスポーツの枠組みを超え、さまざまな媒体で注目を集めるホットなカテゴリーになってきています。
ふと考えてみると、バスケをテーマに取り入れた映画、ドラマ、バラエティや雑誌での特集、CM、コラムなどを目にする機会が、ここ数年で急激に増えていることに気づかれるのでは? UNDRCRWNやNITRAIDなど、バスケをテーマに取り入れたアパレルブランドの活動も今年は目立ちます。
バスケットボールの中でも「ストリートボール」は、まずアメリカで発生し、ここ5~10年ほどで国内でもとくに活性化してきた業態です。
同時多発的に各地でクルー(*バスケ/ストリートボールをやる集団)が発生し、彼ら自身で大会/イベントを開催したことがこの現象の起こり。続いて、各クルー同士は徐々に接点をもちはじめ、それに伴い大会/イベントの規模も拡大していきます。
日本初のプロストリートボールクルーを謳ったFAR EAST BALLERSの存在は、とくに大きなインパクトをもたらしました。
やがて、この流れに目が早い企業も注目するようになり、よりオーガナイズされた大会や、資本力、PR力に富んだイベントも行われるようになってきます。ここでいう企業の代表格はなんといってもNIKEですが、彼らのサポートとショーアップの成果もあって、シーンは確実に作り込まれていきます。

2005年はとくに大きな転機となった年でした。
まずは代々木公園のバスケコートが正式に完成したことと、そこを舞台にしたビッグトーナメントALLDAYの開幕により、その後東京ストリートボールの聖地となる場所が機能しだしたこと。
そしてストリートボールのプロリーグLEGENDと、ストリート出身/経由の選手たちにとっても選択肢となる新設のプロリーグbjリーグがそれぞれ発起したこと。
つまりストリートボーラーたちにとって、一気に活躍の場や目指す方向性ができた年でした。実際に現在東京アパッチに所属し、bjリーグを代表するプレイヤーとして活躍する青木康平選手は、FAR EAST BALLERS出身のストリートボーラーです。
ここで始まった各リーグと、ストリート老舗のHOOP IN THE HOOD、そして’07年開幕のSOMECITY等を舞台に、ストリートのプレイヤーたちは活動を続けていきます。
じつは90年代にも3on3/ストバスとして知られたストリートバスケットボールのブームがあったのですが、その流れを受け継ぐクルーがシーンに復帰したり、日本在住の外国人チームが卓越した身体能力とメンタリティを武器にトーナメントに登場したり、JBLや大学1部リーグのプレイヤーもストリートに参戦するようになるなど、様々な垣根を越えてストリートのシーンはますます活性化していきました。
その流れの中で、シーン黎明期から活動してきた立役者たちはそれぞれに、このバスケ/ストリートボールマーケットに根ざしたビジネスも展開しはじめます。それが現在あるバスケシーンに単なる競技としての側面のみではなく、文化としての深み、厚みをもたらしてもいます。
近年の流れで面白いのは、大規模な資本先行型のバスケイベントと対をなすようにアンダーグラウンド系のクルーやイベントも地力をたくわえ、安定した活動を行うようになってきたことです。次世代の存在も目立つようになってきました。彼らのライフスタイルを形成する重要な習慣としてバスケを愉しむことがあり、生き様や価値観を表現するツールとしてバスケの重要性がいっそう増してきています。

ストリートやアーバンスタイルとも密接に結びつき、映画、音楽などにおいても重要なテーマを提供するこのスタイルは、ファッションにおいても独自のシーンを形成しつつあります。ボーラースタイル(*ストリートボールスタイル)を取り入れるファッションフリークの姿も、首都圏を中心に時折見かけるようになってきました。


新しいうねりがここに、ありますよ。


tokyostreetball_history_w480.jpg

【東京ストリートボールヒストリー】

90s前半
3on3/ストバスブーム
駒沢ROCKERS、Above the Rimの活躍

90s後半
渋谷のアンテナバスケショップPLAYERS開店
横浜Team Sの台頭

2000
GYMRATS、アメリカL.A.で始動

2001

2002
S.H.U、代々木公園で自設フープと共に開始
FAR EAST BALLS結成(*後にFAR EAST BALLERSに改名)
籠球縁故 in 町田

2003
代々木公園フープ贈呈式(*この当時はフープ2基のみ)
HOOP IN THE HOOD
毎日新聞杯3on3
柏勉族結成
NIKE BATTLE GROUND ASIA東京 パシフィコ横浜
ALL STAR WEEKEND 渋谷AX
Coast 2 Coast 六本木club core

2004
NIKE FREESTYLE CLASH
ヨコハマまるごと SPORTS STADIUM in 赤レンガ倉庫
HOOP IMPACT in 専修大学
ALL STAR WEEKEND 新木場STUDIO COAST
バスケショップRYZM開店

2005
代々木公園コート寄贈式
(*コート2面、フープ4基に拡張。コート面がラバー張りになり、柵も設置。)
HOOP LIVE in CLUB CITTA
FAR EAST BALLERS、NYストリートリーグDYCKMANに史上初の日本チームで参戦
bjリーグ開幕
ストリートボールトーナメントALLDAY開幕
ストリートボールリーグLEGEND開幕

2006
バスケショップfor game開店
バスケカフェBALL TONGUE開店
GYMRATS、NYストリートリーグKINGDOMEに史上初の日本チームで参戦

2007
GYMRATS、ABA SPL(米サマープロリーグ)に史上初の日本人チームで参戦
ストリートボールリーグSOMECITY開幕

2008

2009
バスケショップhomecourt.開店

2010
ストリートボールブランド合同展示会【STREETBALL BRANDS EXPOSURE 2010】開催

BALL TONGUEオリジナルグッズ、オンラインストアでも好評発売中♪
さてっ、この木場バスケカフェブログ、はて何位??

By MUЯ
comments(0)|trackback(0)|☆BASKETBALL_バスケ|2010-06-21_02:39|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

#東京EASTSIDE マップ拡散プロジェクト

basketballcafe_twitter

MURontheDL_twitter

hojaluna_twitter

"just do that shit"

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ