世界一愉しくバスケであそぶバスケカフェ 〓●BALL TONGUE●〓 IKEA船橋。By MUЯ
fc2ブログ

世界一愉しくバスケであそぶバスケカフェ 〓●BALL TONGUE●〓

L.A.とNYC仕込みのアメリカンフードと種類豊富なお酒やドリンクが愉しめるカフェ。NBAの試合を毎日放映中。人気のフードは特製のドライカレーやタコス、フィリーチーズステーキや手づくりのフレンチフライなど。オリジナルアパレルや輸入品、オリジナル雑貨の販売もしている♠

オリジナルT、バスケアイテムなどを扱うオンラインストア。もちろんBALL TONGUE店頭にも商品あり。 オリジナル雑貨などを扱うオンラインストア。もちろんBALL TONGUE店頭にも商品あり。 東西線『木場駅』から徒歩2分、店への行き方はここをご覧あれ。 日本で唯一、世界にも稀なバスケカフェ。そんな店BALL TONGUEでは、連夜フレッシュなNBAのゲームを放映中。 本格機材とこだわりのカフェ空間でDJイベントが行えます。 バスケットボールカフェBALL TONGUEのfacebookページ。 伝説ノユニフォーム屋。BALL TONGUEでデザインの打ち合わせなどもできます。

プロフィール

MUЯ&BALLTONGUEcrew

Author:MUЯ&BALLTONGUEcrew
東京の東側・木場T13/*東京方面寄りの端の4b出口)にあるバスケ50%:アート50%のカフェ。人気のメニューは特製のドライカレーやタコス、フィリーチーズステーキや手づくりのフレンチフライなど。L.A.とNYC仕込みのアメリカンフードと種類豊富なお酒やドリンクが愉しめて、自在な心地よさとクリエイティブな刺激に浸かれる憩いの場。NBAの試合を毎日放映中。オリジナルアパレルや輸入品オリジナル雑貨の販売もしている。

行き方/〒135-0042 東京都江東区木場6-10-5 栗田ビル2F

より大きな地図で T-13 を表示

電話/03-3640-3742
営業時間/16:00-23:45

定休日/日曜
*祝日は通常営業してます。


東西線木場駅4b出口(*東京方面寄りの端)のすぐそばのバスケットボールカフェ。

*席の予約、およびイベントパーティー開催可能。気軽にお問い合わせください。

→Phone;(03)3640-3742
 Mail;cafeballtongue@gmail.com
 facebookページtwitterアカウントinstagramアカウント

┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻






6-10-5, Kurita Bldg. 2F, Kiba, Koto Ward, Tokyo, JPN 135-0042[MAP]

Phone(03)3640-3742

OPEN hours;
Mon-Sat. 16:00-23:45

*On National Holidays, we usually open as on daily hours.

cozy cafe/bar, 2minutes walk from metro T13(exit 4b).
┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻

NBAオフ会パック

特別メニューを含む料理のコース+チームイメージのNBAカクテルを含む2hの飲み放題で4500yen


 ・貴方のチームイメージのNBAカクテルを含む2hの飲み放題

 ・このパックでしか食べられないBT特大ハンバーグつき

 ・持ち込みのジャージやロゴグッズ展示で、店内をそのチームのカフェに改造

 ・当日放映するゲームの決定権あり

 ・記念集合写真の撮影サービスあり

 ・飲み放題のラストオーダー後もゆったりと滞在可能

 ・BTスタッフやHOOP誌の援護のもと、チーム公式アカウントに英語で突撃

━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━


┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻

●blogライター紹介●
MUЯ(まー)_アメリカンフードの荒削りな魅力を愛する調理人。映像・画像・服飾での表現を好むアーティストでもあり、バスケットボールは生涯現役。

hojaluna_雑貨と茶葉系に詳しい。ラッピングのスペシャリスト。#BTzakkaの作者。ナウシカのチククに似てる。映画にも関心がたかく、とくに単館系に通じている。



日常か夢うつつか、ここを起点に拡がるほのかな旅路。一番たいせつなことは目にみえない[A.SE]。自在な心地よさとクリエイティブな刺激に浸かろう。ご来場あれ。

Never Surrender Life and Expression is a Fight,

ARTSAVESLIVES

ブログ内検索

IKEA船橋。By MUЯ

生まれ育った街に、アメリカ(正確にはスウェーデン?)の空気が来てた。
IKEA船橋、行ってみた。
IKEAfunabashi_building.jpg


オープンから一ヶ月ちょい経つはず。今日は月曜、でもなかなかの人の入り。
たしかに週末にはこの近隣の渋滞が依然すごいようで、帰国日に空港からこのそばを抜けたときにはまんまとハマった記憶がある。


最大の感想はこれだ。
『素晴らしい文化を持ち込んでくれつつあることを称えたい。』


どういうことか??

IKEAfunabashi_panel01.jpg

IKEAfunabashi_panel02.jpg
↑これらの写真は店内のボードを写したものだが、このメッセージが日本の消費者にどこまで受け入れられて、どこまで浸透していくかに注目中。



世界水準でみて、日本のサービスの質はきわめて高く、消費者の要求はきわめて厳しい。
先回りサービスや手取り足取りのマニュアル発想をけしかける企業群、それに充たされることを繰り返し、さらにその要求の水準を高めていく消費者たち。
これは良し悪しの問題ではなく世界のマーケットの客観的な傾向であり、とくにここ日本においてはそれが特殊なほどに顕在化しているというのが自分の実感だ。

良し悪しの問題ではないと述べたばかりだが、問題視されるべき結果がこの傾向にはある。

消費者の創造力、判断力、柔軟性、自主性の欠如だ。

「ボタンを押したらかならず電気がつかなくてはいけない」
「モノは壊れるはずがない」
「道に迷ったら誰かが助けてくれなくてはいけない」
「人は誰しも自分のこんな欲求に対してこう答えてくれるべきである」
      ・
      ・
      ・
      ・
      ・
      ・




こんな思考パターンで、レールに乗っかって運ばれるだけの人間が増えてしまう。
そしてそんな人間は期待はずれの信号や予測を超えた反応に対して、ただただフリーズするか、不快感をあらわにする程度だろう。

IKEAfunabashi_route01.jpg

              IKEAfunabashi_route02.jpg


IKEA船橋の店内をくまなく歩いてみた。
慣れた印象の人ももちろんいたが、初めての空間に感嘆をあげつつ歩く人々も多かった。

「やすいーー」
「素敵ーーー」
「こんなの部屋にあったらいいねー」

おおむね愉しんでいる印象の人が多い。

「これアレに使えばいいんじゃない?」
「これ何に使うんだろ??」
「あー、こうして組み合わせればいいねー。」


こんな普通っぽいコメントになんだか好感をもてた。
それはこんな言葉を発してた人達が、あの店内でライフスタイルを思い描き、それをつくり出す愉しみの最中だったから。


IKEAはその安さで商品を提供するために、顧客に出来るかぎりの作業をやらせる。
リスト化、情報比較、自己採寸、店内PCでのシミュレーション、在庫のピックアップ、運搬、配送、組み立てなどなど・・・・。

このシステム等のおかげで、その最低限の価格にちょうど見合うような品質の品物を買える場所。本当の意味でのリーズナブル。
そしてこのシステムのおかげで、みんな柔軟に自主的に愉しめる。

こんな自由でクリエイティブなライフスタイルが定着したらいい。


というわけで、IKEAを支持◎
さてっ、このバスケカフェブログ、はて何位??
関連記事IKEAニュージャージー店のレポートはこちら。

By MUЯ
IKEAfunabashi_flags.jpg

comments(10)|trackback(0)|★GIFT_雑貨|2006-05-29_23:56|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

>aja
タダイマ。

10回は行きすぎ。。。。
オカエリ。

うん、私も支持。
あと10回ぐらいは行きたい。
>DOMAさん
「日本の企業は、低価格で横着ができる商売を仕掛けてくるだろうけど。」


これありそぅですねぇ・・・・。
商売
ちょっと前までガソリンを自分で入れる習慣のなかった日本に、1円、2円安いだけのセルフスタンドが浸透したことを見れば、横着に慣れた日本の客にもIKEAのシステムはそこそこ浸透すると思うな。

日本の企業は、低価格で横着ができる商売を仕掛けてくるだろうけど。
>アソブ
おう、行くべしっ。


安くて洒落た部屋づくりができると思うよ。
できたみたいっすねー!
まだ行ってないので行ってみたい!
>zamamaさん
なるほど、防災・・・・。
気づきませんでしたが、云われてみればなるほどという気もしますね。
また改めて観察してみようと思います(近所ですし◎)。

『安心・安全と、ある程度の社会的健全性は癒しの場を提供する基本』というご意見は自分も全く同感ですので、その点はIKEAさんにしてもこれからカフェをはじめようとしている自分たちとしても、前提として留意すべきかと思います。

自分とは異なる観点からのご意見で大変参考になりました。
ありがとうございます。
>きゃさりん。さん
面白いですよー。

家具を買うのに試着室がある感じ。自分の部屋にあったらこんなかな~と想像を膨らませやすくなってます。
開店1ヶ月程度してIKEAへ行きました。私の第1印象、防災上に問題ありですね。
あそこで火災が発生したら、あなたはどう逃げられる?
海外の企業は、こういう基本的な部分を軽んじる傾向があります。
ディズニーランドがそうです。開業当初は消防庁の指導で避難誘導灯が海賊のすみかにこうこうと照らされ興ざめではありますが、社会通念としての安全確保を優先する。これが日本の考えでした。(現在は、ディズニーランド側が巧みにごまかしています。今度行く機会があれば観察してみてください。あそこで地震や火災が発生したら?とね。)
ひるがえって、アメリカやヨーロッパなどは、例えば、グランドキャニオンの遊歩道に安全柵はなく、誤れば崖から落下してしまいます。スペイン、ザグラダ・ファミリア教会の尖塔を登ったら。そう、それは自己責任の世界。
過保護の日本と徹底的な違い。どちらが良いのか?
これまでの日本人はそう望んだからこうなってきました。これからどうするかはあなたがた各自の選択の主たる集約が作ってゆくのでしょう。
が...安心・安全と、ある程度の社会的健全性、は癒しの場(安息と緩やかな楽しみを提供するたらんたらんとしたカフェがいいですね)を提供する基本と私は思います。
IKEAね
最近テレビでも取り上げられていて 見ていました
凄いですね 私も 行ってみたいです♪

インフォメーション

FOODDRINKS
PARTY PLANS_パーティープラン
DJ PLANS_DJプラン

"just do that shit"

月別アーカイブ