世界一愉しくバスケであそぶバスケカフェ 〓●BALL TONGUE●〓

L.A.とNYC仕込みのアメリカンフードと種類豊富なお酒やドリンクが愉しめるカフェ。NBAの試合を毎日放映中。人気のフードは特製のドライカレーやタコス、フィリーチーズステーキや手づくりのフレンチフライなど。オリジナルアパレルや輸入品、オリジナル雑貨の販売もしている♠

オリジナルT、バスケアイテムなどを扱うオンラインストア。もちろんBALL TONGUE店頭にも商品あり。 オリジナル雑貨などを扱うオンラインストア。もちろんBALL TONGUE店頭にも商品あり。 東西線『木場駅』から徒歩2分、店への行き方はここをご覧あれ。 日本で唯一、世界にも稀なバスケカフェ。そんな店BALL TONGUEでは、連夜フレッシュなNBAのゲームを放映中。 本格機材とこだわりのカフェ空間でDJイベントが行えます。 バスケットボールカフェBALL TONGUEのfacebookページ。 伝説ノユニフォーム屋。BALL TONGUEでデザインの打ち合わせなどもできます。

プロフィール

MUЯ&BALLTONGUEcrew

Author:MUЯ&BALLTONGUEcrew
東京の東側・木場T13/*東京方面寄りの端の4b出口)にあるバスケ50%:アート50%のカフェ。人気のメニューは特製のドライカレーやタコス、フィリーチーズステーキや手づくりのフレンチフライなど。L.A.とNYC仕込みのアメリカンフードと種類豊富なお酒やドリンクが愉しめて、自在な心地よさとクリエイティブな刺激に浸かれる憩いの場。NBAの試合を毎日放映中。オリジナルアパレルや輸入品オリジナル雑貨の販売もしている。

◆◇行き方/〒135-0042 東京都江東区木場6-10-5 栗田ビル2F

より大きな地図で T-13 を表示◆◇

◆◇電話:03-3640-3742◆◇
◆◇営業時間/16:00-23:45◆◇

◆◇定休日/日曜
*祝日は通常営業してます。
◆◇

◆◇東西線木場駅4b出口(*東京方面寄りの端)のすぐそばのバスケットボールカフェ。◆◇

┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻






6-10-5, Kurita Bldg. 2F, Kiba, Koto Ward, Tokyo, JPN 135-0042[MAP]

Phone(03)3640-3742

OPEN hours;
Mon-Sat. 16:00-23:45

*On National Holidays, we usually open as on daily hours.

cozy cafe/bar, 2minutes walk from metro T13(exit 4b).
┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻

NBAオフ会パック">NBAオフ会パック
offpartypack_master_w150.jpg

特別メニューを含む料理のコース+チームイメージのNBAカクテルを含む2hの飲み放題で3500yen


 ・貴方のチームイメージのNBAカクテルを含む2hの飲み放題

 ・このパックでしか食べられないBT特大ハンバーグつき

 ・持ち込みのジャージやロゴグッズ展示で、店内をそのチームのカフェに改造

 ・当日放映するゲームの決定権あり

 ・記念集合写真の撮影サービスあり

 ・飲み放題のラストオーダー後もゆったりと滞在可能

 ・BTスタッフやHOOP誌の援護のもと、チーム公式アカウントに英語で突撃


*席の予約、およびイベントパーティー開催可能。気軽にお問い合わせください。

→Phone;(03)3640-3742
 Mail;cafeballtongue@gmail.com
 facebookページtwitterアカウント
━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━


┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻

●blogライター紹介●
MUЯ(まー)_アメリカンフードの荒削りな魅力を愛する調理人。映像・画像・服飾での表現を好むアーティストでもあり、バスケットボールは生涯現役。

hojaluna_雑貨と茶葉系に詳しい。ラッピングのスペシャリスト。#BTzakkaの作者。ナウシカのチククに似てる。映画にも関心がたかく、とくに単館系に通じている。

◇◆◇◇◇

日常か夢うつつか、ここを起点に拡がるほのかな旅路。一番たいせつなことは目にみえない[A.SE]。自在な心地よさとクリエイティブな刺激に浸かろう。ご来場あれ★

Never Surrender Life and Expression is a Fight,

ARTSAVESLIVES

ブログ内検索

籠球家族2010“改”/レポート!!!! by MUЯ

同じコートに立つってことが、一番シンプルでよくわかる。そして、なによりも愉しい。
BALL TONGUEオリジナルグッズ、オンラインストアでも好評発売中♪

俺が今いるバスケシーンで活動してきてざくっと10年近く。
たくさんのバスケ仲間と繋がることが出来たし、盟友でもあるシーンの立役者たちとも様々な時間を重ねてきた。
それぞれに思い描くビジョンがあり、それぞれのスタンスがある中で、思いのほかうち解けてあそぶ機会が限られてしまう連中もいる。
一緒にプロジェクトでも進めれば別だけど、例えばバスケのイベント会場で会うだけの仲じゃ、壁とか距離を互いに意識していないようでいても、無意識に何かに阻まれちまったりもする。。。

そしてその関係性は正直なとこ、もどかしいもんでもある。
根底にあるのはバスケ好き同士、バスケで何かを企んでる共通性なだけだし、それぞれに面白い特徴をもってることが明白な以上、深く関われればもっと面白いだろうとも思う。
BALL TONGUEで毎年やってるバスケ合宿とかに、水面下で色んなボーラーやオーガナイザーに声をかけてるのはそんな思いからだし、普段関わりのないチームの練習に呼んでもらえることとかも最高に嬉しい。
極論を云っちまえば俺は、どんなヤツとも同じコートに立ちたい。

コートに立って一緒にバスケすると、ほんとに色んなことがよくわかる。
人となりや感性や、表現のスタイルとかはもちろんのこと、その人がバスケに対してリアルなのかワックなのかってことだって、いくら言葉を尽くすよりも簡単によーーくわかる。このことは誰にとっても必要な訳じゃないけど、「バスケ盛り上げたい」的なスタンスの人なら少なからず問われること。
念のために云っとくけど、俺はもちろん上手い下手の技量の問題でこれを云ってるわけじゃないし、それ以上に大切な「好き」という気持ちだったり、「愉しい」という感情を感じられたら、そんなスタンスは大した問題じゃないよ。
じゃあなぜこんなことを云ってるのかといえば、それだけ“バスケは千の言葉以上に雄弁だ”ということがまず1つ。
もう一つは、口だけのワックには白けちまうということw。。。

話が逸れかかっちゃったので戻すけど、あの日籠球家族に参加してくれた人たちは文句なしにリアル。
楽しいことに行動で反応できる勢いは間違いがないと思うし、だから一緒にバスケできてほんと嬉しくなった◎
個人的な感想としては、シーン黎明期から知り合ってるある漢と、はじめてマッチアップできたのが一番の収穫だw。
代々木公園にコート作ってた頃からの縁なのに、同じコートにたつ機会はなかなか巡ってこなかった“あるチーム”の首領。今回は和気あいあいとしたピックアップゲームの中でほんのわずかの時間でのことだったけど、それもまずはよし。
バスケは俺にとってプレイという表現をするコミュニケーションでもあるし、コートの上で相手を感じ取れることが愉快な遊び。だから、とりあえずまずは一度、同じコート上でバスケすることが大事。
バトルの愉しみも、そりゃもちろんある。
けどそれを堪能したければ、俺はもーちょいバスケを学んで、ともに戦うチームも強くしなきゃねw。あーーーー…でも、即席のメンバーでガチのピックアップとかならすぐしたいーー。どう、あんちゃん^^?

他にも、初めて一緒にやれた中では展示会仲間の英君(HITH代表)とか面白そうなプレイヤーだったなー。元ハンナリーズの浅野君とももっと一緒にやりたかった。
いつもの顔ぶれでは常連さんチームHEARTLANDのみんなはいつもの持ち味を出していたし、シャイ気味なオリジナルS.H.U(現ROOPS)が来てたこともナイス。
広さん(RYZM)はいつも通りおいしいとこをもってく巧さと勝負強さを出してたし、主催者やいとさんはバスケをしっかり愉しんでる日常が伺える動きで活躍してた。
ぬま(勉族)は相変わらず独特のあの感じ。やつの子供が美形だったので思わず近寄ってみたが、なぜ俺は泣かれてしまったのだろう。。。。
泉さん(CLUTCTHTIMES)はウィザーズのシャカシャカを着てのハッスルプレイが良し。ストリートボールドクターKOUは、みんなに愛されてるねー^^。
女子だけでフルコート5対5がやれるほど集まってたことも良かったし、みんなそれぞれプレイスタイルがあって巧かった!
他にも語り尽くせないほど人が集まってくれてたけど(総勢50人前後…!)、とにかく楽しいひとときだったとさ◎
rokyu2010_groupshot.jpg

その流れでBALL TONGUEに移動して籠球家族2010“改”・宴の部。
ビールを片手にした泉さんの嬉しそうな顔が忘れられないなー。そりゃー旨いよねww。

ここから俺はキッチンで“地獄の料理人”としての本分を全うすべくふんばってたから、場の出来事はそこまでよくわからないけど、とにかくほんとに愉しそうな雰囲気!
最近は沈黙状態になりがちなmixiでも、珍しく籠球家族関連の日記はたくさんの人が書いてくれてたから、縁があれば辿ってみてくださいな~。

とにかく本質的で原初的なとこで、全くもっていいイベントだったなとただただ感心。
やいとさんはじめ、関係した皆さんお疲れさまでした!
愉しかったねー、ありがとー、改めて!!!!


CLUTCHTIMESさんでもさっそく、展示会の模様と併せてコラムあげてくれてますよー。チェックチェック♪
http://www.clutchtime.net/column/clutchtimes101206_2717.html

BALL TONGUE Teesオススメの一色/ネオンレッド!
さてっ、この木場バスケカフェブログ、はて何位??

By MUЯ
comments(1)|trackback(0)|★EVENT REPORT_イベントレポート|2010-12-08_05:47|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

感謝テラ盛り
お疲れ様っ(o^∀^o)
楽しかった、いやホントに楽しかったなあ。

5人が10人連れてくりゃ50人だけど(笑)モチロンそんな単純な集まりじゃなかった。

シナプスが繋がっていくような派生的な伝播から集まった感じがまた痺れたねぇ。
モチロン濱のアニキの参加は奇跡の目撃に近い感動(笑)
あれれ?審判のアニキ来なかったな(笑)。いやまだまだ広がる伸びしろあるわコリャ( ̄∀ ̄)

実際には反省点ばかりですよ、あれもこれもまだまだだってね(∋_∈)

でも欲張っちゃイカン。いきなりポーンと100点満点でる人生はいかにも味気ない。

さあ次だ(ニヤリ)

#東京EASTSIDE マップ拡散プロジェクト

basketballcafe_twitter

MURontheDL_twitter

hojaluna_twitter

"just do that shit"

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ