世界一愉しくバスケであそぶバスケカフェ 〓●BALL TONGUE●〓 forte主催ビートバトル #BeatRenaissance レポート。 by MUЯ
fc2ブログ

世界一愉しくバスケであそぶバスケカフェ 〓●BALL TONGUE●〓

L.A.とNYC仕込みのアメリカンフードと種類豊富なお酒やドリンクが愉しめるカフェ。NBAの試合を毎日放映中。人気のフードは特製のドライカレーやタコス、フィリーチーズステーキや手づくりのフレンチフライなど。オリジナルアパレルや輸入品、オリジナル雑貨の販売もしている♠

オリジナルT、バスケアイテムなどを扱うオンラインストア。もちろんBALL TONGUE店頭にも商品あり。 オリジナル雑貨などを扱うオンラインストア。もちろんBALL TONGUE店頭にも商品あり。 東西線『木場駅』から徒歩2分、店への行き方はここをご覧あれ。 日本で唯一、世界にも稀なバスケカフェ。そんな店BALL TONGUEでは、連夜フレッシュなNBAのゲームを放映中。 本格機材とこだわりのカフェ空間でDJイベントが行えます。 バスケットボールカフェBALL TONGUEのfacebookページ。 伝説ノユニフォーム屋。BALL TONGUEでデザインの打ち合わせなどもできます。

プロフィール

MUЯ&BALLTONGUEcrew

Author:MUЯ&BALLTONGUEcrew
東京の東側・木場T13/*東京方面寄りの端の4b出口)にあるバスケ50%:アート50%のカフェ。人気のメニューは特製のドライカレーやタコス、フィリーチーズステーキや手づくりのフレンチフライなど。L.A.とNYC仕込みのアメリカンフードと種類豊富なお酒やドリンクが愉しめて、自在な心地よさとクリエイティブな刺激に浸かれる憩いの場。NBAの試合を毎日放映中。オリジナルアパレルや輸入品オリジナル雑貨の販売もしている。

行き方/〒135-0042 東京都江東区木場6-10-5 栗田ビル2F

より大きな地図で T-13 を表示

電話/03-3640-3742
営業時間/16:00-23:45

定休日/日曜
*祝日は通常営業してます。


東西線木場駅4b出口(*東京方面寄りの端)のすぐそばのバスケットボールカフェ。

*席の予約、およびイベントパーティー開催可能。気軽にお問い合わせください。

→Phone;(03)3640-3742
 Mail;cafeballtongue@gmail.com
 facebookページtwitterアカウントinstagramアカウント

┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻






6-10-5, Kurita Bldg. 2F, Kiba, Koto Ward, Tokyo, JPN 135-0042[MAP]

Phone(03)3640-3742

OPEN hours;
Mon-Sat. 16:00-23:45

*On National Holidays, we usually open as on daily hours.

cozy cafe/bar, 2minutes walk from metro T13(exit 4b).
┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻

NBAオフ会パック

特別メニューを含む料理のコース+チームイメージのNBAカクテルを含む2hの飲み放題で4500yen


 ・貴方のチームイメージのNBAカクテルを含む2hの飲み放題

 ・このパックでしか食べられないBT特大ハンバーグつき

 ・持ち込みのジャージやロゴグッズ展示で、店内をそのチームのカフェに改造

 ・当日放映するゲームの決定権あり

 ・記念集合写真の撮影サービスあり

 ・飲み放題のラストオーダー後もゆったりと滞在可能

 ・BTスタッフやHOOP誌の援護のもと、チーム公式アカウントに英語で突撃

━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━


┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻

●blogライター紹介●
MUЯ(まー)_アメリカンフードの荒削りな魅力を愛する調理人。映像・画像・服飾での表現を好むアーティストでもあり、バスケットボールは生涯現役。

hojaluna_雑貨と茶葉系に詳しい。ラッピングのスペシャリスト。#BTzakkaの作者。ナウシカのチククに似てる。映画にも関心がたかく、とくに単館系に通じている。



日常か夢うつつか、ここを起点に拡がるほのかな旅路。一番たいせつなことは目にみえない[A.SE]。自在な心地よさとクリエイティブな刺激に浸かろう。ご来場あれ。

Never Surrender Life and Expression is a Fight,

ARTSAVESLIVES

ブログ内検索

forte主催ビートバトル #BeatRenaissance レポート。 by MUЯ

…はいれるのか?



そう躊躇するほど、現場は人でいっぱいだった。
IMG_8231.jpg

この夜はforte主催のビートバトル"Beat Renaissance"



熱気溢れてるってこのことだ。
ビートでトップを獲りに来たビートメイカー総勢32人によるトーナメント戦が、真夜中の渋谷の地下のクラブで行われてる。フロアはその目撃者になりたいヘッズ、ビートメイカーの友人たち、そしてやばいビートを漁りにきたMCたちで、ところ狭しと埋め尽くされた。

IMG_8233.jpg

ステージの左右にそれぞれ対戦するビートメイカーが陣取り、1分30秒、用意してきたトラックの中から、シチュエーションに応じてベストだと思われる1曲をかける。そのさらに外側にはTAKUMA THE GREATとROSSI 'N' DEE(HAIIRO DE ROSSI)の両MCが司会として立ち、進行をこなし観客の反応を確かめる。
1回戦は1曲のみのバトル。2回戦以降は2曲ずつのバトル。
両者がかけ終わった後に、MCの問いかけに応じる観客の歓声の大きさと手の多さで勝敗は判定される。

いいビートがかかると、観客は自然と体を揺らすし、歓声がもれることもある。俺が立ってたバーカウンターの近くでは、酒を買うために並ぶ列の中で、自然とラッパーたちのフリースタイルもはじまってた。

IMG_8227.jpg

どっちのビートが良かったかを選んで声を上げるのは、個人的な感覚だけど服を選ぶ感じにも似てたなー。それぞれが異なるスタイルをもって、限られた時間の中で自信のある1曲を提示してる。どれもクオリティが高かったせいもあるけど、そこでの判断の基準って良いか悪いかよりはむしろ、好きかどうかって感じになる。
そういう感じで好みのビートを聴かせてくれたのは、PENA、EeMu、Pigeondust、%C、吉沼、KO-ney、tajima hal、The Pealあたり(*敬称略)。あと準決勝の1発目でそれまでのハーコー感を外して、奇麗なトラックで変化をつけたあとに、2曲目にはバキバキのwestsideで真っ向勝負をかましたTOMOZは、文句なしに格好良かったし納得の初代王者。楽曲の引き出しが多くて質が高く、どの曲も確実にもってかれたし、たしか2回戦あたりの2曲目とかもすげーことになってた…!それに加えてステージでの立ち振る舞いや、見た目もクールだから、組んだMCを喰うほどにステージ映えするタイプだと思う。。。

音圧、抜け感、低音、グルーヴ、抑揚、挿し色…、色んな要素がビートを決めるよなーーーー。あんな真面目にビートを選ぶ機会もそうなかったから、そんな意味でも楽しい経験ができた。あと気になったのは、たぶんだけどステージ周りだけで映える音と、ハコ全体や奥の方を揺らす音があるのかなってとこ。判定を出すときに、フロアの前後でぱっくりと支持が割れることが何度かあったし、前の方が支持してる曲は、後ろで見てる自分からすると「…はて?」って場合も1度ならずあった。とはいえ全体的にほんとレベル高くて、甲乙付けがたい勝負だらけ。。。
責任もって声上げてたけど、2日たった今、どの勝負でどっちを支持したかは曖昧なほど、それぞれのバトルで実力は伯仲してた。

最後になったけど、GUESS DAS、BAN、HOOLIGANZのライブはどれも、さすがのヤバさ。
とくに今回はGUESS DAS。トラックもラップもいけてたし、2MCsのステージでの存在感が良かったなー。
IMG_8235.jpg

すげーいいイベントだったと思う。これを形にしたforte、そしてあの場に関わった全ての人に敬意を表したい。
IMG_8244.jpg


BALL TONGUEオリジナルグッズ、オンラインストアでも好評発売中♪
さてっ、この木場バスケカフェブログ、はて何位??

By MUЯ
comments(0)|trackback(0)|☆MUSIC_音楽|2012-01-23_23:54|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

インフォメーション

FOODDRINKS
PARTY PLANS_パーティープラン
DJ PLANS_DJプラン

"just do that shit"

月別アーカイブ