世界一愉しくバスケであそぶバスケカフェ 〓●BALL TONGUE●〓

L.A.とNYC仕込みのアメリカンフードと種類豊富なお酒やドリンクが愉しめるカフェ。NBAの試合を毎日放映中。人気のフードは特製のドライカレーやタコス、フィリーチーズステーキや手づくりのフレンチフライなど。オリジナルアパレルや輸入品、オリジナル雑貨の販売もしている♠

オリジナルT、バスケアイテムなどを扱うオンラインストア。もちろんBALL TONGUE店頭にも商品あり。 オリジナル雑貨などを扱うオンラインストア。もちろんBALL TONGUE店頭にも商品あり。 東西線『木場駅』から徒歩2分、店への行き方はここをご覧あれ。 日本で唯一、世界にも稀なバスケカフェ。そんな店BALL TONGUEでは、連夜フレッシュなNBAのゲームを放映中。 本格機材とこだわりのカフェ空間でDJイベントが行えます。 バスケットボールカフェBALL TONGUEのfacebookページ。 伝説ノユニフォーム屋。BALL TONGUEでデザインの打ち合わせなどもできます。

プロフィール

MUЯ&BALLTONGUEcrew

Author:MUЯ&BALLTONGUEcrew
東京の東側・木場T13/*東京方面寄りの端の4b出口)にあるバスケ50%:アート50%のカフェ。人気のメニューは特製のドライカレーやタコス、フィリーチーズステーキや手づくりのフレンチフライなど。L.A.とNYC仕込みのアメリカンフードと種類豊富なお酒やドリンクが愉しめて、自在な心地よさとクリエイティブな刺激に浸かれる憩いの場。NBAの試合を毎日放映中。オリジナルアパレルや輸入品オリジナル雑貨の販売もしている。

◆◇行き方/〒135-0042 東京都江東区木場6-10-5 栗田ビル2F

より大きな地図で T-13 を表示◆◇

◆◇電話:03-3640-3742◆◇
◆◇営業時間/16:00-23:45◆◇

◆◇定休日/日曜
*祝日は通常営業してます。
◆◇

◆◇東西線木場駅4b出口(*東京方面寄りの端)のすぐそばのバスケットボールカフェ。◆◇

┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻






6-10-5, Kurita Bldg. 2F, Kiba, Koto Ward, Tokyo, JPN 135-0042[MAP]

Phone(03)3640-3742

OPEN hours;
Mon-Sat. 16:00-23:45

*On National Holidays, we usually open as on daily hours.

cozy cafe/bar, 2minutes walk from metro T13(exit 4b).
┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻

NBAオフ会パック">NBAオフ会パック
offpartypack_master_w150.jpg

特別メニューを含む料理のコース+チームイメージのNBAカクテルを含む2hの飲み放題で3500yen


 ・貴方のチームイメージのNBAカクテルを含む2hの飲み放題

 ・このパックでしか食べられないBT特大ハンバーグつき

 ・持ち込みのジャージやロゴグッズ展示で、店内をそのチームのカフェに改造

 ・当日放映するゲームの決定権あり

 ・記念集合写真の撮影サービスあり

 ・飲み放題のラストオーダー後もゆったりと滞在可能

 ・BTスタッフやHOOP誌の援護のもと、チーム公式アカウントに英語で突撃


*席の予約、およびイベントパーティー開催可能。気軽にお問い合わせください。

→Phone;(03)3640-3742
 Mail;cafeballtongue@gmail.com
 facebookページtwitterアカウント
━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━


┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻

●blogライター紹介●
MUЯ(まー)_アメリカンフードの荒削りな魅力を愛する調理人。映像・画像・服飾での表現を好むアーティストでもあり、バスケットボールは生涯現役。

hojaluna_雑貨と茶葉系に詳しい。ラッピングのスペシャリスト。#BTzakkaの作者。ナウシカのチククに似てる。映画にも関心がたかく、とくに単館系に通じている。

◇◆◇◇◇

日常か夢うつつか、ここを起点に拡がるほのかな旅路。一番たいせつなことは目にみえない[A.SE]。自在な心地よさとクリエイティブな刺激に浸かろう。ご来場あれ★

Never Surrender Life and Expression is a Fight,

ARTSAVESLIVES

ブログ内検索

ライフスタイルショップ特集。 by MUЯ

Casa Brutusのライフスタイルショップ特集というやつを、じっくり読み進めている。
やりたい行為の質が似ているからだろう、面白い。俺も店を基点に、生活や文化を紡いで商いしたいからだ。だから店という1点だけじゃとても足りず、他の拠点や仲間と出会い協力してくなかで、いずれ町をつくれれば愉しいなと思う。町と云っても行政的な視点での町というより、あくまでそれは文化圏としてのブロック。そこに良い日々が連綿と続いてて、そこで育まれ発信されてく文化があればクールでしょ^^?

casabrutus.jpg



一方で、この本にあるよーなショップと自分のビジョンとの違いもまた、鮮明に感じる。あんな善良じゃないし、あんな裕福じゃない。俺も、俺のすきな人間も。
例えば4200円のガラスの皿とかムズカしい…。素敵なのはわかるが、それじゃ生活の絵に収まらない。高級かつ上等な雑貨のモデルルームで暮らしたいワケじゃない。



俺自身は小洒落たカフェやら雑貨屋やら美術館やら好きで、だいぶよく行く。
華奢で綺麗な男女とか、ちょっと肥えてて温和な人たちの多いそんな空間で、ちょっと見てくれのゴツゴツした俺は愉しくやってるが、もしやちょっと浮く。浮くのが嫌なんじゃなく、異質な刺激を与え合うという意味でむしろ好きだが、そうならない場所もいずれ見てみたい。
仲間のボーラーやアーティストたち、そしてその仲間。そんなストリートの人々が、生活を愉しむ場。そんなカフェ、そんな服屋、そんな古着屋、そんな雑貨屋、そんなギャラリー、そんなクラブ、そんな本屋、そんな映画館、そんなバーバー、そんなレコ屋、そんなアパート、そんなゲストハウス、そんなチャリ屋、そんなバイク屋、そんなバー、そんな定食屋などなど、そしてもちろんそんな公園が要るだろう。

こないだ新潟行ったときにも改めて気づいたが、足は自然と面白い空気と人が行き交う場に向かうものだ。7年前、カフェをつくる候補地をいくつも挙げてその末に木場を選んだのも、この町にそんな場がつくれる可能性や潜在能力を感じたから。

現状は、まだまだだ。
けれど、前進している。
俺らBALL TONGUEも、この町自体も。この地域はいま大きく変わりつつあるし、感度の鋭い人にはそれが伝わってもいる。
tes01.jpg

週末の一日や平日の夕暮れ、遊びにいく場所や好奇心を充たす場所、あるいは癒しのひとときを送れる場としてこの町が思い浮かぶようになればいいなー。



ライフスタイルショップ…。
その言葉がもし定着するのなら俺がやりたいのは、ストリートライフのショップ、だ。


BALL TONGUEオリジナルグッズ、オンラインストアでも好評発売中♪

NBA連夜放映中!観戦バーチャージ等はないので、どうぞお気軽にご利用ください。
さてっ、この木場バスケカフェブログ、はて何位??

By MUЯ
comments(0)|trackback(0)|★IMPRESSION_雑感・日誌|2013-12-11_05:45|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

basketballcafe_twitter

MURontheDL_twitter

hojaluna_twitter

"just do that shit"

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ