世界一愉しくバスケであそぶバスケカフェ 〓●BALL TONGUE●〓

L.A.とNYC仕込みのアメリカンフードと種類豊富なお酒やドリンクが愉しめるカフェ。NBAの試合を毎日放映中。人気のフードは特製のドライカレーやタコス、フィリーチーズステーキや手づくりのフレンチフライなど。オリジナルアパレルや輸入品、オリジナル雑貨の販売もしている♠

オリジナルT、バスケアイテムなどを扱うオンラインストア。もちろんBALL TONGUE店頭にも商品あり。 オリジナル雑貨などを扱うオンラインストア。もちろんBALL TONGUE店頭にも商品あり。 東西線『木場駅』から徒歩2分、店への行き方はここをご覧あれ。 日本で唯一、世界にも稀なバスケカフェ。そんな店BALL TONGUEでは、連夜フレッシュなNBAのゲームを放映中。 本格機材とこだわりのカフェ空間でDJイベントが行えます。 バスケットボールカフェBALL TONGUEのfacebookページ。 伝説ノユニフォーム屋。BALL TONGUEでデザインの打ち合わせなどもできます。

プロフィール

MUЯ&BALLTONGUEcrew

Author:MUЯ&BALLTONGUEcrew
東京の東側・木場T13/*東京方面寄りの端の4b出口)にあるバスケ50%:アート50%のカフェ。人気のメニューは特製のドライカレーやタコス、フィリーチーズステーキや手づくりのフレンチフライなど。L.A.とNYC仕込みのアメリカンフードと種類豊富なお酒やドリンクが愉しめて、自在な心地よさとクリエイティブな刺激に浸かれる憩いの場。NBAの試合を毎日放映中。オリジナルアパレルや輸入品オリジナル雑貨の販売もしている。

◆◇行き方/〒135-0042 東京都江東区木場6-10-5 栗田ビル2F

より大きな地図で T-13 を表示◆◇

◆◇電話:03-3640-3742◆◇
◆◇営業時間/16:00-23:45◆◇

◆◇定休日/日曜
*祝日は通常営業してます。
◆◇

◆◇東西線木場駅4b出口(*東京方面寄りの端)のすぐそばのバスケットボールカフェ。◆◇

┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻






6-10-5, Kurita Bldg. 2F, Kiba, Koto Ward, Tokyo, JPN 135-0042[MAP]

Phone(03)3640-3742

OPEN hours;
Mon-Sat. 16:00-23:45

*On National Holidays, we usually open as on daily hours.

cozy cafe/bar, 2minutes walk from metro T13(exit 4b).
┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻

NBAオフ会パック">NBAオフ会パック
offpartypack_master_w150.jpg

特別メニューを含む料理のコース+チームイメージのNBAカクテルを含む2hの飲み放題で3500yen


 ・貴方のチームイメージのNBAカクテルを含む2hの飲み放題

 ・このパックでしか食べられないBT特大ハンバーグつき

 ・持ち込みのジャージやロゴグッズ展示で、店内をそのチームのカフェに改造

 ・当日放映するゲームの決定権あり

 ・記念集合写真の撮影サービスあり

 ・飲み放題のラストオーダー後もゆったりと滞在可能

 ・BTスタッフやHOOP誌の援護のもと、チーム公式アカウントに英語で突撃


*席の予約、およびイベントパーティー開催可能。気軽にお問い合わせください。

→Phone;(03)3640-3742
 Mail;cafeballtongue@gmail.com
 facebookページtwitterアカウント
━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━


┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻

●blogライター紹介●
MUЯ(まー)_アメリカンフードの荒削りな魅力を愛する調理人。映像・画像・服飾での表現を好むアーティストでもあり、バスケットボールは生涯現役。

hojaluna_雑貨と茶葉系に詳しい。ラッピングのスペシャリスト。#BTzakkaの作者。ナウシカのチククに似てる。映画にも関心がたかく、とくに単館系に通じている。

◇◆◇◇◇

日常か夢うつつか、ここを起点に拡がるほのかな旅路。一番たいせつなことは目にみえない[A.SE]。自在な心地よさとクリエイティブな刺激に浸かろう。ご来場あれ★

Never Surrender Life and Expression is a Fight,

ARTSAVESLIVES

ブログ内検索

「ジャック=アンリ・ラルティーグ~幸せの瞬間をつかまえて~」 By hojaluna

「ジャック=アンリ・ラルティーグ / 幸せの瞬間をつかまえて」

今から100年前の20世紀初頭、日記を綴るようにカメラを撮り続けたフランス人
ジャック=アンリ・ラルティーグ

IMG_2131.jpg


”ぼくの~”で始まる写真のタイトルに、いつもの写真展とはまったく違う印象を受ける。
それは、否定的でなく肯定的なもの。
展覧会でよく見かける、長文のボードはそこにはなく、本当に彼の日記を見るような感覚だった。

”ここは、どこなんだろう?なんか楽しそうだな。”
という感じは、作品というより、面白い写真を見ているよう。
自転車で、坂を勢いよく走って転んだ瞬間や
レーシングカーのスピード感を捉えようとしてみたり。
心霊写真風に撮るのが流行っていた時に、撮った亡霊写真など。

JacquesHenriLartigue10.jpg
ルザ 1907

JacquesHenriLartigue01.jpg
幽霊になったジスー、ヴィラ・マロニエにて シャテル=ギュイヨン 1905

JacquesHenriLartigue13.jpg
ボブに乗るジスーとマドレーヌ・ティボー、それを見守るフォルテット夫人とタターヌとママ、ボブのレース ルザ 1911

絵を描いたり、映画撮影にも参加していたラルティーグにとっての写真。
それは、強い好奇心とユニークな発想から生まれ
観ていて思わず、声を出して笑ってしまう作品もたくさんあった。

JacquesHenriLartigue05.jpg
我らが椅子跳びチャンピオン オレオ・ヴァン・ヴェルス(ビシュナードの弟) ルザ

JacquesHenriLartigue14.jpg
フォルテット氏(呼び名はブリット)と彼の犬チュビー パリ 1912

自分のまわりの日常や、大好きなひとたちとの楽しいひとときを残したい!
そんな写真に溢れている。

JacquesHenriLartigue12.jpg
ぼくの猫ジジ コルタンベール通り40番地 パリ 1904

JacquesHenriLartigue08.jpg
マルディ=グラの仮装をしたブブット、ルイ、ロベールとジスー パリ 1903


今と違って、撮る時間がかかったり、出来上がるまでどんな風に撮れているかもわからない。
彼は、その時感じたことでなく、”風がとても強くこの方向に吹いていた”といったような状況を日記に書き留めている。
イラスト入りの日記の一部もいくつか展示されていたのだが、
それらは、あとでみても状況がよくわかるものでどれも、学校の授業で書き取るノートに似ていた。

JacquesHenriLartigue06.jpg
1912年8月12日・13日の日記 1912


カラー写真の色味も、その陽射しなど細部まで感じられる素敵なものばかり。

JacquesHenriLartigue11.jpg
ボーソレイユ 1958

JacquesHenriLartigue09.jpg
フロレットの手 ブリー・ル・ネフィユ 1961

ラルティーグ制作の無声映画「妖精と盗賊」 (1914)という作品では、
彼の家族が総出演。
わいわい楽しそうに撮ってるのが想像できて、とても微笑ましい。

撮る楽しみは、今も昔もかわらないんだな。
とても楽しい展覧会だった。
またあったら、行きたい。

〓●BALL TONGUE●〓 オンラインストア(*BTオリジナルアパレルやDEAD FRESH CREW、各種輸入品や雑誌など)
〓●BALL TONGUE●〓 雑貨(*手づくり一点モノのBTzakkaやキャンドル、輸入雑貨など)もご覧あれ。ここにしかない、クールな商品多数アリ。

NBA連夜放映中!観戦バーチャージ等はないので、どうぞお気軽にご利用ください。
さてっ、この木場バスケカフェブログ、はて何位??

By hojaluna
comments(0)|trackback(0)|☆ART_アート|2016-05-24_23:36|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

basketballcafe_twitter

MURontheDL_twitter

hojaluna_twitter

"just do that shit"

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ