世界一愉しくバスケであそぶバスケカフェ 〓●BALL TONGUE●〓

L.A.とNYC仕込みのアメリカンフードと種類豊富なお酒やドリンクが愉しめるカフェ。NBAの試合を毎日放映中。人気のフードは特製のドライカレーやタコス、フィリーチーズステーキや手づくりのフレンチフライなど。オリジナルアパレルや輸入品、オリジナル雑貨の販売もしている♠

オリジナルT、バスケアイテムなどを扱うオンラインストア。もちろんBALL TONGUE店頭にも商品あり。 オリジナル雑貨などを扱うオンラインストア。もちろんBALL TONGUE店頭にも商品あり。 東西線『木場駅』から徒歩2分、店への行き方はここをご覧あれ。 日本で唯一、世界にも稀なバスケカフェ。そんな店BALL TONGUEでは、連夜フレッシュなNBAのゲームを放映中。 本格機材とこだわりのカフェ空間でDJイベントが行えます。 バスケットボールカフェBALL TONGUEのfacebookページ。 伝説ノユニフォーム屋。BALL TONGUEでデザインの打ち合わせなどもできます。

プロフィール

MUЯ&BALLTONGUEcrew

Author:MUЯ&BALLTONGUEcrew
東京の東側・木場T13/*東京方面寄りの端の4b出口)にあるバスケ50%:アート50%のカフェ。人気のメニューは特製のドライカレーやタコス、フィリーチーズステーキや手づくりのフレンチフライなど。L.A.とNYC仕込みのアメリカンフードと種類豊富なお酒やドリンクが愉しめて、自在な心地よさとクリエイティブな刺激に浸かれる憩いの場。NBAの試合を毎日放映中。オリジナルアパレルや輸入品オリジナル雑貨の販売もしている。

◆◇行き方/〒135-0042 東京都江東区木場6-10-5 栗田ビル2F

より大きな地図で T-13 を表示◆◇

◆◇電話:03-3640-3742◆◇
◆◇営業時間/16:00-23:45◆◇

◆◇定休日/日曜
*祝日は通常営業してます。
◆◇

◆◇東西線木場駅4b出口(*東京方面寄りの端)のすぐそばのバスケットボールカフェ。◆◇

┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻






6-10-5, Kurita Bldg. 2F, Kiba, Koto Ward, Tokyo, JPN 135-0042[MAP]

Phone(03)3640-3742

OPEN hours;
Mon-Sat. 16:00-23:45

*On National Holidays, we usually open as on daily hours.

cozy cafe/bar, 2minutes walk from metro T13(exit 4b).
┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻

NBAオフ会パック">NBAオフ会パック
offpartypack_master_w150.jpg

特別メニューを含む料理のコース+チームイメージのNBAカクテルを含む2hの飲み放題で3500yen


 ・貴方のチームイメージのNBAカクテルを含む2hの飲み放題

 ・このパックでしか食べられないBT特大ハンバーグつき

 ・持ち込みのジャージやロゴグッズ展示で、店内をそのチームのカフェに改造

 ・当日放映するゲームの決定権あり

 ・記念集合写真の撮影サービスあり

 ・飲み放題のラストオーダー後もゆったりと滞在可能

 ・BTスタッフやHOOP誌の援護のもと、チーム公式アカウントに英語で突撃


*席の予約、およびイベントパーティー開催可能。気軽にお問い合わせください。

→Phone;(03)3640-3742
 Mail;cafeballtongue@gmail.com
 facebookページtwitterアカウント
━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━


┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻

●blogライター紹介●
MUЯ(まー)_アメリカンフードの荒削りな魅力を愛する調理人。映像・画像・服飾での表現を好むアーティストでもあり、バスケットボールは生涯現役。

hojaluna_雑貨と茶葉系に詳しい。ラッピングのスペシャリスト。#BTzakkaの作者。ナウシカのチククに似てる。映画にも関心がたかく、とくに単館系に通じている。

◇◆◇◇◇

日常か夢うつつか、ここを起点に拡がるほのかな旅路。一番たいせつなことは目にみえない[A.SE]。自在な心地よさとクリエイティブな刺激に浸かろう。ご来場あれ★

Never Surrender Life and Expression is a Fight,

ARTSAVESLIVES

ブログ内検索

MIKE&MIKEとHOOPのこと。 by MUЯ

諸行無常、イイこともワルイことも。

当たり前のように流れていく日々も絶えず変化に充たされていて、続くと思っていたものが変わる。在るはずだったものが失われる。
前に進むために大切な変化もある反面、誤った判断がもたらした悲しい結末のようなものもある。



思い立ったら、せめて声をあげようと思う。もちろんあえての沈黙という選択肢もとることはあるけれど。

the2bestduos02.jpg

これは、PORTLAND TRAILBLAZERSのローカル放映を担当する実況と解説のMIKE&MIKEを思い、つくったアートワーク。
Mikes.jpeg
mikes2.jpg
mikes3.jpg

2015-16シーズンの終盤は、ほんと誇らしかったな。
アメリカでも日本でも沈むと思われたチームは、Lillard&McCollumを中心に素晴らしいまとまりを見せて快進撃を果たしたし、監督もGMも仕事の腕が冴えまくってた。

そんなチームを語る声は、いつも選手とポートランドへの愛情に満ちたこの2人だった。11年間、この軽妙な掛け合いでバスケットボールを深くわかりやすく教えてくれたし、魅力をしっかりと伝えてくれた。

実際彼らは、NBAやアメリカのメジャースポーツ界でもなかなかの人気あるプロフェッショナルなコンビとして知られている。そして彼ら自身、いまのこの仕事とチームをとても愛している。

来季に向けてさらに愉しくなりそうなBLAZERSを見ながら、ふと歓びとともに浮かんだ思いがある。
"リーグに誇れるデュオが、コート上にもコート脇にもいるぞ"と。それが上の絵、"The 2 Best Duos In The League"のそもそもの着想だ。



ところがオフシーズン早々、驚きのニュースを聞くことになった。彼らはクビらしい。。。。















そして、もう1個ある。
image (7)

さらに身近なとこで、さらに深い衝撃…。
27年刊行を続けていた日本のNBA雑誌HOOPが、休刊を発表した。



毎月#HOOP_NBAを語る会などで顔を合わせる編集部の彼らの、仕事に対する愛や献身を知っているだけに残念でならない。
このニュースが知られたあと数日の世間の反応を見てると市場のニーズはか細くなってしまったようにも見えるけど、しかし実際のところ出版不況のせいじゃない。それに売れる売れないだけの問題の傍らには、マスメディアが情報を拡散する前段階の架け橋としての専門スポーツメディアの存在意義もあるし、次世代の子供たちにとってNBAカルチャーの入り口になるという役割もある。世界的なNBA人気も日本のバスケ人気も上昇気流にある今、これからの可能性を閉ざしてしまうのはやってる本人たちにとっても辛いことだ。

ちからになりたいけど、妙案はない。

せめてもと思い、真理をHOOPの文字に連ねて書いた。
2世紀頃の中国で紙が発明され、その後木版印刷が行われるようになる。15世紀中ごろにはグーテンベルクが活版印刷技術を築き、そこから印刷という産業が成り立つようになったとか。

"歴史は紙の上ではじまる"

冊子になった彼らの仕事はこれからも読み継がれていくし、例えばいまNBAを語る会に集まってくれてるような猛者たちも、少年のころだったり、まさに今だったり、HOOPのような雑誌の薫陶を経て大人になってる。

あの発表の文中には
"また、折を見てNBA情報に特化したHOOP特別号の発行を検討してゆく所存です。"
という記述もあるように、これからもこれまでとはまた少し違ったカタチでいい雑誌を発行してくれる可能性もあるし、その際にはもちろん全力でバックアップするよ。



諸行無常。たいせつな物事がそこに在るうちに、出来ることややりたいことはやっておきたい。

〓●BALL TONGUE●〓 オンラインストア(*BTオリジナルアパレルやDEAD FRESH CREW、各種輸入品や雑誌など)
〓●BALL TONGUE●〓 雑貨(*手づくり一点モノのBTzakkaやキャンドル、輸入雑貨など)もご覧あれ。ここにしかない、クールな商品多数アリ。

NBA連夜放映中!観戦バーチャージ等はないので、どうぞお気軽にご利用ください。
さてっ、この木場バスケカフェブログ、はて何位??

by MUЯ
comments(0)|trackback(0)|★IMPRESSION_雑感・日誌|2016-07-09_16:31|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

basketballcafe_twitter

MURontheDL_twitter

hojaluna_twitter

"just do that shit"

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ