世界一愉しくバスケであそぶバスケカフェ 〓●BALL TONGUE●〓

L.A.とNYC仕込みのアメリカンフードと種類豊富なお酒やドリンクが愉しめるカフェ。NBAの試合を毎日放映中。人気のフードは特製のドライカレーやタコス、フィリーチーズステーキや手づくりのフレンチフライなど。オリジナルアパレルや輸入品、オリジナル雑貨の販売もしている♠

オリジナルT、バスケアイテムなどを扱うオンラインストア。もちろんBALL TONGUE店頭にも商品あり。 オリジナル雑貨などを扱うオンラインストア。もちろんBALL TONGUE店頭にも商品あり。 東西線『木場駅』から徒歩2分、店への行き方はここをご覧あれ。 日本で唯一、世界にも稀なバスケカフェ。そんな店BALL TONGUEでは、連夜フレッシュなNBAのゲームを放映中。 本格機材とこだわりのカフェ空間でDJイベントが行えます。 バスケットボールカフェBALL TONGUEのfacebookページ。 伝説ノユニフォーム屋。BALL TONGUEでデザインの打ち合わせなどもできます。

プロフィール

MUЯ&BALLTONGUEcrew

Author:MUЯ&BALLTONGUEcrew
東京の東側・木場T13/*東京方面寄りの端の4b出口)にあるバスケ50%:アート50%のカフェ。人気のメニューは特製のドライカレーやタコス、フィリーチーズステーキや手づくりのフレンチフライなど。L.A.とNYC仕込みのアメリカンフードと種類豊富なお酒やドリンクが愉しめて、自在な心地よさとクリエイティブな刺激に浸かれる憩いの場。NBAの試合を毎日放映中。オリジナルアパレルや輸入品オリジナル雑貨の販売もしている。

◆◇行き方/〒135-0042 東京都江東区木場6-10-5 栗田ビル2F

より大きな地図で T-13 を表示◆◇

◆◇電話:03-3640-3742◆◇
◆◇営業時間/16:00-23:45◆◇

◆◇定休日/日曜
*祝日は通常営業してます。
◆◇

◆◇東西線木場駅4b出口(*東京方面寄りの端)のすぐそばのバスケットボールカフェ。◆◇

┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻






6-10-5, Kurita Bldg. 2F, Kiba, Koto Ward, Tokyo, JPN 135-0042[MAP]

Phone(03)3640-3742

OPEN hours;
Mon-Sat. 16:00-23:45

*On National Holidays, we usually open as on daily hours.

cozy cafe/bar, 2minutes walk from metro T13(exit 4b).
┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻

NBAオフ会パック">NBAオフ会パック
offpartypack_master_w150.jpg

特別メニューを含む料理のコース+チームイメージのNBAカクテルを含む2hの飲み放題で3500yen


 ・貴方のチームイメージのNBAカクテルを含む2hの飲み放題

 ・このパックでしか食べられないBT特大ハンバーグつき

 ・持ち込みのジャージやロゴグッズ展示で、店内をそのチームのカフェに改造

 ・当日放映するゲームの決定権あり

 ・記念集合写真の撮影サービスあり

 ・飲み放題のラストオーダー後もゆったりと滞在可能

 ・BTスタッフやHOOP誌の援護のもと、チーム公式アカウントに英語で突撃


*席の予約、およびイベントパーティー開催可能。気軽にお問い合わせください。

→Phone;(03)3640-3742
 Mail;cafeballtongue@gmail.com
 facebookページtwitterアカウント
━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━


┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻

●blogライター紹介●
MUЯ(まー)_アメリカンフードの荒削りな魅力を愛する調理人。映像・画像・服飾での表現を好むアーティストでもあり、バスケットボールは生涯現役。

hojaluna_雑貨と茶葉系に詳しい。ラッピングのスペシャリスト。#BTzakkaの作者。ナウシカのチククに似てる。映画にも関心がたかく、とくに単館系に通じている。

◇◆◇◇◇

日常か夢うつつか、ここを起点に拡がるほのかな旅路。一番たいせつなことは目にみえない[A.SE]。自在な心地よさとクリエイティブな刺激に浸かろう。ご来場あれ★

Never Surrender Life and Expression is a Fight,

ARTSAVESLIVES

ブログ内検索

笑う故郷/EL Ciudadano ilustre By hojaluna

去年のラテンビート映画祭で「名誉市民」の邦題にて上映されたこちらの作品。
笑う故郷/EL Ciudadano ilustre
ElCiudadanoIlustre11.jpg

スペインの豪邸に暮らすアルゼンチン出身のノーベル賞作家ダニエル。
彼は人嫌いで、受賞後届く数々の招待状をことごとく断り続けていた。
実は、受賞後5年経っても新作を書けないでいたのだった。
そんな中、生まれ故郷アルゼンチンの田舎町サラスから「名誉市民」に選ばれたという招待状が届く。
秘書が止めるのも聞かず一人、サラスの地へ赴く。
ElCiudadanoIlustre09.jpg

着いた空港からタクシーで向かう道のり、トラブルに巻き込まれたダニエル。
大変な思いをしてサラスへ到着すると、故郷の人たちから熱烈な歓迎を受ける。
名誉市民の贈呈式に始まり、町の人たちとの交流会、幼友達アントニオ、
昔の恋人で今はアントニオの妻となったイレネとの再会。
40年ぶりの故郷での楽しい時間を過ごすのだった。
ElCiudadanoIlustre02.jpg

ElCiudadanoIlustre01.jpg

ElCiudadanoIlustre08.jpg

ダニエルが滞在するホテルには、町の人が無理な頼み事をしに来たり、熱烈なファンが押しかけたりした。
そんな中、町の絵画コンクールの審査員を引き受けたことからトラブルに巻き込まれていく。
そして最初は、好意的だった町の人たちや旧友らとの関係も徐々にぎくしゃくしていくのだった。
ElCiudadanoIlustre00.jpg

ElCiudadanoIlustre04.jpg

町全体、そこに住む人も、ミステリアスな雰囲気なのが、うすら怖いし
ダニエルへの嫉妬から起こす行動も、突飛で恐ろしい。
物語の中で、なぜ、彼が故郷を捨てたのかということは描かれていないが
町の中で、だんだんと相容れない感じになっていくさまからなんとなくその理由がわかる。
そんな中で、滞在するホテルの受付の作家志望男性との交流はホッとする場面だ。
驚きと恐怖に富むこの物語。。。とにかく、見てる間ずっとこわごわしながら見ていた。
「なんか、この後起こりそう」という状況がずっと続く展開は、ものすごく疲れるけれど
それ以上にワクワクして目が離せないものだ。
ElCiudadanoIlustre10.jpg

ElCiudadanoIlustre06.jpg

ElCiudadanoIlustre05.jpg

ElCiudadanoIlustre03.jpg


途中、これホラー映画になっちゃうの?!なんて思ったけれど
最後は、色々とひっくり返された展開に思わずおおー!にやり、となる。
成功した作家の美談ストーリーになっていない点もいい。
同監督作品の「ル・コルビュジエの家」の時にも、見終わった後になんとも言えない感じになったけど。
今回もこれまた面白いので、鑑賞後もいろいろ思い出しては考えさせられた。



BTzakkaオンラインストア好評発売中♪

BALL TONGUEオリジナルグッズオンラインストアでも好評発売中♪

NBA連夜放映中!観戦バーチャージ等はないので、どうぞお気軽にご利用ください。

さてっ、この木場バスケカフェブログ、はて何位??

By hojaluna
comments(0)|trackback(0)|☆MOVIE_映画|2017-09-23_20:28|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

basketballcafe_twitter

MURontheDL_twitter

hojaluna_twitter

"just do that shit"

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ