世界一愉しくバスケであそぶバスケカフェ 〓●BALL TONGUE●〓 世界一美しいと呼ばれる橋
FC2ブログ

世界一愉しくバスケであそぶバスケカフェ 〓●BALL TONGUE●〓

L.A.とNYC仕込みのアメリカンフードと種類豊富なお酒やドリンクが愉しめるカフェ。NBAの試合を毎日放映中。人気のフードは特製のドライカレーやタコス、フィリーチーズステーキや手づくりのフレンチフライなど。オリジナルアパレルや輸入品、オリジナル雑貨の販売もしている♠

オリジナルT、バスケアイテムなどを扱うオンラインストア。もちろんBALL TONGUE店頭にも商品あり。 オリジナル雑貨などを扱うオンラインストア。もちろんBALL TONGUE店頭にも商品あり。 東西線『木場駅』から徒歩2分、店への行き方はここをご覧あれ。 日本で唯一、世界にも稀なバスケカフェ。そんな店BALL TONGUEでは、連夜フレッシュなNBAのゲームを放映中。 本格機材とこだわりのカフェ空間でDJイベントが行えます。 バスケットボールカフェBALL TONGUEのfacebookページ。 伝説ノユニフォーム屋。BALL TONGUEでデザインの打ち合わせなどもできます。

プロフィール

MUЯ&BALLTONGUEcrew

Author:MUЯ&BALLTONGUEcrew
東京の東側・木場T13/*東京方面寄りの端の4b出口)にあるバスケ50%:アート50%のカフェ。人気のメニューは特製のドライカレーやタコス、フィリーチーズステーキや手づくりのフレンチフライなど。L.A.とNYC仕込みのアメリカンフードと種類豊富なお酒やドリンクが愉しめて、自在な心地よさとクリエイティブな刺激に浸かれる憩いの場。NBAの試合を毎日放映中。オリジナルアパレルや輸入品オリジナル雑貨の販売もしている。

行き方/〒135-0042 東京都江東区木場6-10-5 栗田ビル2F

より大きな地図で T-13 を表示

電話/03-3640-3742
営業時間/16:00-23:45

定休日/日曜
*祝日は通常営業してます。


東西線木場駅4b出口(*東京方面寄りの端)のすぐそばのバスケットボールカフェ。

*席の予約、およびイベントパーティー開催可能。気軽にお問い合わせください。

→Phone;(03)3640-3742
 Mail;cafeballtongue@gmail.com
 facebookページtwitterアカウントinstagramアカウント

┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻






6-10-5, Kurita Bldg. 2F, Kiba, Koto Ward, Tokyo, JPN 135-0042[MAP]

Phone(03)3640-3742

OPEN hours;
Mon-Sat. 16:00-23:45

*On National Holidays, we usually open as on daily hours.

cozy cafe/bar, 2minutes walk from metro T13(exit 4b).
┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻

NBAオフ会パック">NBAオフ会パック
offpartypack_master_w150.jpg

特別メニューを含む料理のコース+チームイメージのNBAカクテルを含む2hの飲み放題で3500yen


 ・貴方のチームイメージのNBAカクテルを含む2hの飲み放題

 ・このパックでしか食べられないBT特大ハンバーグつき

 ・持ち込みのジャージやロゴグッズ展示で、店内をそのチームのカフェに改造

 ・当日放映するゲームの決定権あり

 ・記念集合写真の撮影サービスあり

 ・飲み放題のラストオーダー後もゆったりと滞在可能

 ・BTスタッフやHOOP誌の援護のもと、チーム公式アカウントに英語で突撃

━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━


┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻

●blogライター紹介●
MUЯ(まー)_アメリカンフードの荒削りな魅力を愛する調理人。映像・画像・服飾での表現を好むアーティストでもあり、バスケットボールは生涯現役。

hojaluna_雑貨と茶葉系に詳しい。ラッピングのスペシャリスト。#BTzakkaの作者。ナウシカのチククに似てる。映画にも関心がたかく、とくに単館系に通じている。



日常か夢うつつか、ここを起点に拡がるほのかな旅路。一番たいせつなことは目にみえない[A.SE]。自在な心地よさとクリエイティブな刺激に浸かろう。ご来場あれ。

Never Surrender Life and Expression is a Fight,

ARTSAVESLIVES

ブログ内検索

世界一美しいと呼ばれる橋

ジョセフ・パーマン・ストラウス。
詩人でもあり、哲学者でもあり、そして世界中の400以上の大鉄橋を設計した人物。
架橋の夢を追い続けた彼の、総決算となった橋。


それがここ、
ggb1



ゴールデンゲートブリッジ(Golden Gate Bridge)。

みえない・・・。


ホテルで目を覚ますとあいにくの天候。
その上クリスマス当日(25日)ゆえ、店という店は閉まりきっていて、開いている店はファーストフード系ですら一部というありさま。
Macy'sやNordstrom等の大型店も、当然のこととして閉まっている。

観光には不向きなこんな日だったけれど、立てたプランはこの橋の見物。

坂の多い街並みをバスで乗りついで向かうと、着く頃には気候はますます悪化していた。見物の人並みはそこそこあったけれど、低い気温と霧雨にみんな身をかがめ気味だ。
展望台に向かうも、霧が濃すぎてほぼ何も見えず・・・。

・・・・・。



案内には徒歩40分とある。
この橋を歩いて渡ってみることを決意。

ggb2

ggb3

ggb4

ggb5


ちょっとした苦行。
傘はもたず、服はどんどんびしょぬれになっていく。

だがそのリアリティはむしろ良し◎
深い霧に包まれた幻想的な橋欄。
背から吹きつける強風にはためく服と髪。
徐々に奪われる体温と、体をしたたる滴の冷たさ。
すぐわきを過ぎ去る車のエンジン音や水しぶきの音色。

施工当時の苦労をすこしは偲べた気がするし、映画の1シーンを現実に歩んでいるようでやけに愉しい。


『冷たく速い潮流。
霧の多い天候。
両岸の地形の複雑さ
これらからして「建設不可能な橋(Unbuildable Bridge)」と云われた橋。
それを成功させた彼はその一年後、技術報告書にサインしたその直後に、架橋に生きた生涯の幕をしずかに閉じたと伝えられる。』


・・・とのこと。うむ。



By MUЯ

comments(0)|trackback(0)|★IMPRESSION_雑感・日誌|2005-12-26_17:08|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

basketballcafe_twitter

MURontheDL_twitter

hojaluna_twitter

"just do that shit"

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ