世界一愉しくバスケであそぶバスケカフェ 〓●BALL TONGUE●〓 カフェでのんびり

世界一愉しくバスケであそぶバスケカフェ 〓●BALL TONGUE●〓

L.A.とNYC仕込みのアメリカンフードと種類豊富なお酒やドリンクが愉しめるカフェ。NBAの試合を毎日放映中。人気のフードは特製のドライカレーやタコス、フィリーチーズステーキや手づくりのフレンチフライなど。オリジナルアパレルや輸入品、オリジナル雑貨の販売もしている♠

オリジナルT、バスケアイテムなどを扱うオンラインストア。もちろんBALL TONGUE店頭にも商品あり。 オリジナル雑貨などを扱うオンラインストア。もちろんBALL TONGUE店頭にも商品あり。 東西線『木場駅』から徒歩2分、店への行き方はここをご覧あれ。 日本で唯一、世界にも稀なバスケカフェ。そんな店BALL TONGUEでは、連夜フレッシュなNBAのゲームを放映中。 本格機材とこだわりのカフェ空間でDJイベントが行えます。 バスケットボールカフェBALL TONGUEのfacebookページ。 伝説ノユニフォーム屋。BALL TONGUEでデザインの打ち合わせなどもできます。

プロフィール

MUЯ&BALLTONGUEcrew

Author:MUЯ&BALLTONGUEcrew
東京の東側・木場T13/*東京方面寄りの端の4b出口)にあるバスケ50%:アート50%のカフェ。人気のメニューは特製のドライカレーやタコス、フィリーチーズステーキや手づくりのフレンチフライなど。L.A.とNYC仕込みのアメリカンフードと種類豊富なお酒やドリンクが愉しめて、自在な心地よさとクリエイティブな刺激に浸かれる憩いの場。NBAの試合を毎日放映中。オリジナルアパレルや輸入品オリジナル雑貨の販売もしている。

◆◇行き方/〒135-0042 東京都江東区木場6-10-5 栗田ビル2F

より大きな地図で T-13 を表示◆◇

◆◇電話:03-3640-3742◆◇
◆◇営業時間/16:00-23:45◆◇

◆◇定休日/日曜
*祝日は通常営業してます。
◆◇

◆◇東西線木場駅4b出口(*東京方面寄りの端)のすぐそばのバスケットボールカフェ。◆◇

┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻






6-10-5, Kurita Bldg. 2F, Kiba, Koto Ward, Tokyo, JPN 135-0042[MAP]

Phone(03)3640-3742

OPEN hours;
Mon-Sat. 16:00-23:45

*On National Holidays, we usually open as on daily hours.

cozy cafe/bar, 2minutes walk from metro T13(exit 4b).
┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻

NBAオフ会パック">NBAオフ会パック
offpartypack_master_w150.jpg

特別メニューを含む料理のコース+チームイメージのNBAカクテルを含む2hの飲み放題で3500yen


 ・貴方のチームイメージのNBAカクテルを含む2hの飲み放題

 ・このパックでしか食べられないBT特大ハンバーグつき

 ・持ち込みのジャージやロゴグッズ展示で、店内をそのチームのカフェに改造

 ・当日放映するゲームの決定権あり

 ・記念集合写真の撮影サービスあり

 ・飲み放題のラストオーダー後もゆったりと滞在可能

 ・BTスタッフやHOOP誌の援護のもと、チーム公式アカウントに英語で突撃


*席の予約、およびイベントパーティー開催可能。気軽にお問い合わせください。

→Phone;(03)3640-3742
 Mail;cafeballtongue@gmail.com
 facebookページtwitterアカウント
━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━


┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻

●blogライター紹介●
MUЯ(まー)_アメリカンフードの荒削りな魅力を愛する調理人。映像・画像・服飾での表現を好むアーティストでもあり、バスケットボールは生涯現役。

hojaluna_雑貨と茶葉系に詳しい。ラッピングのスペシャリスト。#BTzakkaの作者。ナウシカのチククに似てる。映画にも関心がたかく、とくに単館系に通じている。

◇◆◇◇◇

日常か夢うつつか、ここを起点に拡がるほのかな旅路。一番たいせつなことは目にみえない[A.SE]。自在な心地よさとクリエイティブな刺激に浸かろう。ご来場あれ★

Never Surrender Life and Expression is a Fight,

ARTSAVESLIVES

ブログ内検索

カフェでのんびり

cafegooch.jpg



まだまだ寒い日が続きますね~こんな時はカフェで温かいモノ飲みながらのんびりですね

寒くなくても、してるけど。。

この間、渋谷のオルガン坂にある《cafe gooch》に行って参りました。ちょうど、ハンズとパルコの間くらいで、ビルの3階なんですが、お店の中は白壁でおおわれていてカウンター、テーブル、小上がり席。。


窓側はソファーが3席あってそれぞれ仕切られていて半個室状態

窓からオルガン坂を見下ろしつつ、かなーりのんびりまったり出来るのです


また、会話を遮らずに店員さんを呼べるようにテーブル下に呼びボタンが皮のケースに入っているので、呼んでも気づかない!ってゆう状況にならないのも良しな感じでした


料理も美味しくて。。(食べるの夢中で撮るの忘れちゃった

デザートで、お客さんの前でパフェを完成させる《タワーオブグーチ》はボリュームもかなりあったけど面白かったです。

長いグラスを逆さにした中にアイスとかチョコとかパイ生地みたいのが入ってて歯ごたえ十分


まだ寒さが続くから当分は色んなカフェ見つけてのんびりしよーかな


Byさとみ
comments(2)|trackback(0)|★CAFE_カフェ・レストラン|2006-01-20_02:00|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

ホント日本は凝ったカフェ多いですよね。でも、アメリカなどは内装とか雰囲気とか凝らずしても、周りの景色とか街も雰囲気そのものがやっぱ良さそうだし、それだけで良い気がするなぁ~逆に緩くて良し!!みたいな。また日本と違った視点で楽しめそうで興味アリです。。

パフェはかなり量多い!しかも軟らかいのかと思いきや結構カチカチで完食しないと!みたいなミョーな義務感に襲われつつでした。今度行ったら写真忘れずに撮りまーす!

この店内写真はネットで探してコピッてみました。こうゆう事して良いのか良くわからないけれども…
窓から、見える緑がいいねー。

私も、よく一人でぷらぷらカフェ巡りしてました。
なんだか、記事読んでて懐かしくなったよー。
こっちに来て、東京のカフェは、どこも(いろんな意味で)凝ってて「おしゃれ」だな、と感じます。
雰囲気、スタッフ、メニュー然り。。。

対して、こちらのカフェは客は元より・・・(笑)店側が総じて「超ゆるゆる」な適当さ、良く言えば(笑)自然体なのが多いですかね。
それぞれが、皆~自分の家にいる~かのごとく、です。
カフェ巡りだけでも、所違えば。。。で、かなぁり☆結構興味深いですよ~。

その、パフェ凄そう。。。女の子に人気ありそう。
季節ごとに中身も変わったりするのかな?
食べるのに夢中で写真撮るの忘れるって、超わかるー(笑)☆
うちらも、よくやっちゃいます。食べた後「あっっ!」みたいなね。

ところで、間君がさとみの写真のup(写真構成)興味津々でした。

ブログ楽しみにしてます☆

basketballcafe_twitter

MURontheDL_twitter

hojaluna_twitter

"just do that shit"

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ