世界一愉しくバスケであそぶバスケカフェ 〓●BALL TONGUE●〓 LEGEND GRAND CHAMPIONSHIP [SEASON5]観戦記。 by MUЯ
fc2ブログ

世界一愉しくバスケであそぶバスケカフェ 〓●BALL TONGUE●〓

L.A.とNYC仕込みのアメリカンフードと種類豊富なお酒やドリンクが愉しめるカフェ。NBAの試合を毎日放映中。人気のフードは特製のドライカレーやタコス、フィリーチーズステーキや手づくりのフレンチフライなど。オリジナルアパレルや輸入品、オリジナル雑貨の販売もしている♠

オリジナルT、バスケアイテムなどを扱うオンラインストア。もちろんBALL TONGUE店頭にも商品あり。 オリジナル雑貨などを扱うオンラインストア。もちろんBALL TONGUE店頭にも商品あり。 東西線『木場駅』から徒歩2分、店への行き方はここをご覧あれ。 日本で唯一、世界にも稀なバスケカフェ。そんな店BALL TONGUEでは、連夜フレッシュなNBAのゲームを放映中。 本格機材とこだわりのカフェ空間でDJイベントが行えます。 バスケットボールカフェBALL TONGUEのfacebookページ。 伝説ノユニフォーム屋。BALL TONGUEでデザインの打ち合わせなどもできます。

プロフィール

MUЯ&BALLTONGUEcrew

Author:MUЯ&BALLTONGUEcrew
東京の東側・木場T13/*東京方面寄りの端の4b出口)にあるバスケ50%:アート50%のカフェ。人気のメニューは特製のドライカレーやタコス、フィリーチーズステーキや手づくりのフレンチフライなど。L.A.とNYC仕込みのアメリカンフードと種類豊富なお酒やドリンクが愉しめて、自在な心地よさとクリエイティブな刺激に浸かれる憩いの場。NBAの試合を毎日放映中。オリジナルアパレルや輸入品オリジナル雑貨の販売もしている。

行き方/〒135-0042 東京都江東区木場6-10-5 栗田ビル2F

より大きな地図で T-13 を表示

電話/03-3640-3742
営業時間/16:00-23:45

定休日/日曜
*祝日は通常営業してます。


東西線木場駅4b出口(*東京方面寄りの端)のすぐそばのバスケットボールカフェ。

*席の予約、およびイベントパーティー開催可能。気軽にお問い合わせください。

→Phone;(03)3640-3742
 Mail;cafeballtongue@gmail.com
 facebookページtwitterアカウントinstagramアカウント

┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻






6-10-5, Kurita Bldg. 2F, Kiba, Koto Ward, Tokyo, JPN 135-0042[MAP]

Phone(03)3640-3742

OPEN hours;
Mon-Sat. 16:00-23:45

*On National Holidays, we usually open as on daily hours.

cozy cafe/bar, 2minutes walk from metro T13(exit 4b).
┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻

NBAオフ会パック

特別メニューを含む料理のコース+チームイメージのNBAカクテルを含む2hの飲み放題で4500yen


 ・貴方のチームイメージのNBAカクテルを含む2hの飲み放題

 ・このパックでしか食べられないBT特大ハンバーグつき

 ・持ち込みのジャージやロゴグッズ展示で、店内をそのチームのカフェに改造

 ・当日放映するゲームの決定権あり

 ・記念集合写真の撮影サービスあり

 ・飲み放題のラストオーダー後もゆったりと滞在可能

 ・BTスタッフやHOOP誌の援護のもと、チーム公式アカウントに英語で突撃

━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━


┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻

●blogライター紹介●
MUЯ(まー)_アメリカンフードの荒削りな魅力を愛する調理人。映像・画像・服飾での表現を好むアーティストでもあり、バスケットボールは生涯現役。

hojaluna_雑貨と茶葉系に詳しい。ラッピングのスペシャリスト。#BTzakkaの作者。ナウシカのチククに似てる。映画にも関心がたかく、とくに単館系に通じている。



日常か夢うつつか、ここを起点に拡がるほのかな旅路。一番たいせつなことは目にみえない[A.SE]。自在な心地よさとクリエイティブな刺激に浸かろう。ご来場あれ。

Never Surrender Life and Expression is a Fight,

ARTSAVESLIVES

ブログ内検索

LEGEND GRAND CHAMPIONSHIP [SEASON5]観戦記。 by MUЯ

大満足◎
グランドチャンピオンシップの観戦はシーズン2以来だったけど、素晴らしいイベントに成長してたっ。。。
legend5GC01.jpg

15(日)LEGEND GRAND CHAMPIONSHIP

着いたらまずshu一味に遭遇。
ぅはは…w、そりゃ気になるよな。

受付からはじまり、各所に見知った顔がちらほら。なんかあーぃう現場感がひさびさだった。そしてそれが、すごく大切にしなきゃいけない感覚であることも、再認識。
いつだってシーンはこんな現場から生まれてくし、
シーンを作り出すヤツらは、ほぼ常にそんな磁場に集まってる。

オーガナイザーしてたり、映像メディアの作り手であることが中心だった頃には、馴れ親しんでた感覚。。。

けれど、店に根をすえた以上、どーにもしがたい日々もある。
もちろん店を磁場の1つにすればいいし、実際そうさせてくれるような人たちの協力もあるけれど、それはソレ。
やっぱ現場というか前線には、刺激と興奮、高揚感やら緊張感やらが詰まってて、そこの空気を呼吸することはいいイマジネーションをくれる。

だからねー、もっとそんな場に居たいと感じた。

さて話を戻して、 LEGEND
legend5GC02.jpg

まず最初のプログラムは、崖っぷちボーラーvs.オープンランボーラーの対戦。
崖っぷちボーラーとは、来期の契約更新で当落線上に位置してしまっているLEGENDボーラーのことで、その対戦相手は先日都内某所にて行われたオープンラン(秀れた選手の発掘イベント)で勝ち残った6名のボーラー達らしい。

コレを実は、かなり感情移入して見ちゃったよ。。。

その不名誉な崖っぷちボーラーは3人いた。
云っちまえば、さらし者みたいな気の毒な立場だと思ってたら、そのうち1人は店にもよく来てくれる友達だし、もう1人もda rocでやたら鮮烈なプレイを見せてくれた、強さは折り紙つきなバスケプレイヤー。

「なんで…!?」

って感じだった。


そして試合ははじまる。


会場はファンの人たちで埋めつくされてて、みんなLEGENDとLEGENDボーラーが好きなことが伝わってくる。
オープンランには仲間が選ばれかけてて、それ次第では応援したかった。けれど結局は惜しくも外れたから、俺もLEGEND贔屓。

とくにIPPEIは良し。
バスケを見てるとその選手の性格がわかるし、キャラがわかってると、それがプレイスタイルににじんでて面白い。
IPPEIはかつて、友達の紹介でda rocに出てくれてたんだけど、ダークサイドな匂いがただよう切れ味鋭いプレイヤー。
どちらかと云えばポップなLEGENDで独特の異彩を放つ彼は、あの場でもガラの悪さを漂わせながら対戦相手を仕留めにいってた。ぅははw。
mcマムシも嬉しそうだったね~。
「コイツは本来仮エースともはれる男なんだーー!」とか、、素の興奮◎
会場もそれに応えて、ものすごいテンションあがってた(そして隣のAchもにっこりw)。

shinも良かったな。
カラダをきっちり張りながら、時折観客を味方につけるビッグプレイ!
あーぃう巧さって、やっぱLEGENDボーラーならではなんだろなーって思った。

実際一度、オープンランボーラー同士の対戦があったけれど、スペースの作り方とか、シュートセレクションの仕方とかが、まるでLEGENDとは別モノだった。
このオープンランの選手たちだって、バスケ自体はもちろんみんな上手い。
けれど例えば、キャラ立ちとか、ドラマとか、情熱とか、味わいとか、興奮とか、くせ者っぷりとか…そんな諸々が匂いたつよーなバスケの1プレイ1プレイをやってかないと、観客の興はそがれちゃうだけだ。mcがいくら頑張って味つけしたところで、素材次第で料理の完成度が大きく変わることもある。
そんな比較が出来たという点でも、この試みは興味深かった。
ま、LEGENDはリアルストリートボールか…?なんて議論もよく聞くけど、LEGENDらしさや価値は、等身大のバスケをドラマティックに演出し、観客を熱くあおり立てるそんなトコにこそありそーだ。
そしてみんな、そのプロなんだと感じた。


続いてのプログラムは、スキャットとコーラスを中心としたライブと、block on lockによるショーケース。
どちらももちろん良かった◎
バスケという核がしっかりある上で、ああいう角度を変えた文化を発信して体験できる場を設けてるコトがナイスだし。
特に低音のスキャットは効いてたね~♪


そして最後は目玉のグラチャン(LEGEND GRAND CHAMPIONSHIP)。
legend5GC03.jpg

4チーム各3名、計12名の選手たちによる頂上決戦。
感想は一言『面白ぇ。。。』に尽きたかな。
それと顔見知りも、そーじゃないボーラーさんもお疲れさん&good gameっ!!。


各ボーラーのスキルとキャラクターと熱意がまずあって、そこに呼応して反響しあう良質な観客がいた。
そこをストーリーテラーmcマムシとdjミコ、さらに特別にak☆さんが加わって、最高のステージングに仕立てあげた印象。

ゲームリポートはしないよー。。。
こちら
mamushi says...がブワワッワーと締めくくるので、ご期待あれ。

では俺が、こんな長いエントリー書きかけてる一番の理由は…、






イキオイ!


そのイキオイの源は、何か?
深~い仲間のだいち(現LEGEND社員)や、そいつとウチのテーブルで想いを語ってたミコを応援したいって気持ちがもちろんある。
けどそれ以上に単純に、俺はあの日アイツのスキルに感心したから、こんな長文を綴る気になったみたい。。。

アイツほんとすげー!

タフゲームの翻訳家どころじゃない。
選手の情熱と観客の熱狂を、狭間で自在に増幅させる触媒のよう。
行間のドラマを読みとり、意味を共有させる優れた演出家でもある。
さらにときには、優れたエフェクト処理すらゲームに施す確信犯…!

この日俺がスタジオコーストで、愉しい1日を過ごせた最大の要因は“こいつ”かも…。
こいつがマイクで空間を支配して、会場全体にドラマを伝えてた怪人。
もぅ、俺ファンかも。。。素晴らしいわ◎

さてさて、そんなワケで誰かさんなみにちらかってみたが、ま、散文スタイルでー◎


legend5GC04.jpg
応援するぜ、LEGEND&MAMUSHI
でぃだだだだ♪

この日以来なぜか(…?)反響が増してる、BASKETBALL CAFEロゴグッズはこちら。
*スウェットパンツは店頭即完売のため(泣…)、次期アイテムをご期待ください!
さてっ、この木場バスケカフェブログ、はて何位??

By MUЯ
comments(2)|trackback(0)|☆BASKETBALL_バスケ|2007-12-23_03:09|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

>いっくーさん
いつもありがとです♪

年末にかっさらわれて、返信遅れちゃってすみません。。。

素敵なモノを愉しんでもらうきっかけになれたなら、俺らとしては嬉しいかぎりですっ。
これからも快適な空間を用意して、色々といいものを発信していきまっす。よろしくどーぞ◎
昨日お邪魔させていただきました。
あいかわらず楽しかった~♪そしてビールがおいしかったれす♪

しかししかし、LEGENDおもしろかったですよね。
いま思い出してもヨダレがでてきます。
そして、あの長期間お客様をあきさせない演出も
すごいと思いました。いや~このイベントをするに
あたり大変苦労されたのだと思いますが。。。
バスケを盛り上げてコ~ゼ~感がたまらないだすな♪

そして勿論選手諸君も!!最後男泣きにはおいらも泣きました。
いや~、完全はまりました。

まだまだストリートとか良くわからないですがこれから勉強です。


インフォメーション

FOODDRINKS
PARTY PLANS_パーティープラン
DJ PLANS_DJプラン

"just do that shit"

月別アーカイブ