世界一愉しくバスケであそぶバスケカフェ 〓●BALL TONGUE●〓 ハイキング★hiking

世界一愉しくバスケであそぶバスケカフェ 〓●BALL TONGUE●〓

L.A.とNYC仕込みのアメリカンフードと種類豊富なお酒やドリンクが愉しめるカフェ。NBAの試合を毎日放映中。人気のフードは特製のドライカレーやタコス、フィリーチーズステーキや手づくりのフレンチフライなど。オリジナルアパレルや輸入品、オリジナル雑貨の販売もしている♠

オリジナルT、バスケアイテムなどを扱うオンラインストア。もちろんBALL TONGUE店頭にも商品あり。 オリジナル雑貨などを扱うオンラインストア。もちろんBALL TONGUE店頭にも商品あり。 東西線『木場駅』から徒歩2分、店への行き方はここをご覧あれ。 日本で唯一、世界にも稀なバスケカフェ。そんな店BALL TONGUEでは、連夜フレッシュなNBAのゲームを放映中。 本格機材とこだわりのカフェ空間でDJイベントが行えます。 バスケットボールカフェBALL TONGUEのfacebookページ。 伝説ノユニフォーム屋。BALL TONGUEでデザインの打ち合わせなどもできます。

プロフィール

MUЯ&BALLTONGUEcrew

Author:MUЯ&BALLTONGUEcrew
東京の東側・木場T13/*東京方面寄りの端の4b出口)にあるバスケ50%:アート50%のカフェ。人気のメニューは特製のドライカレーやタコス、フィリーチーズステーキや手づくりのフレンチフライなど。L.A.とNYC仕込みのアメリカンフードと種類豊富なお酒やドリンクが愉しめて、自在な心地よさとクリエイティブな刺激に浸かれる憩いの場。NBAの試合を毎日放映中。オリジナルアパレルや輸入品オリジナル雑貨の販売もしている。

◆◇行き方/〒135-0042 東京都江東区木場6-10-5 栗田ビル2F

より大きな地図で T-13 を表示◆◇

◆◇電話:03-3640-3742◆◇
◆◇営業時間/16:00-23:45◆◇

◆◇定休日/日曜
*祝日は通常営業してます。
◆◇

◆◇東西線木場駅4b出口(*東京方面寄りの端)のすぐそばのバスケットボールカフェ。◆◇

┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻






6-10-5, Kurita Bldg. 2F, Kiba, Koto Ward, Tokyo, JPN 135-0042[MAP]

Phone(03)3640-3742

OPEN hours;
Mon-Sat. 16:00-23:45

*On National Holidays, we usually open as on daily hours.

cozy cafe/bar, 2minutes walk from metro T13(exit 4b).
┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻

NBAオフ会パック">NBAオフ会パック
offpartypack_master_w150.jpg

特別メニューを含む料理のコース+チームイメージのNBAカクテルを含む2hの飲み放題で3500yen


 ・貴方のチームイメージのNBAカクテルを含む2hの飲み放題

 ・このパックでしか食べられないBT特大ハンバーグつき

 ・持ち込みのジャージやロゴグッズ展示で、店内をそのチームのカフェに改造

 ・当日放映するゲームの決定権あり

 ・記念集合写真の撮影サービスあり

 ・飲み放題のラストオーダー後もゆったりと滞在可能

 ・BTスタッフやHOOP誌の援護のもと、チーム公式アカウントに英語で突撃


*席の予約、およびイベントパーティー開催可能。気軽にお問い合わせください。

→Phone;(03)3640-3742
 Mail;cafeballtongue@gmail.com
 facebookページtwitterアカウント
━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━


┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻

●blogライター紹介●
MUЯ(まー)_アメリカンフードの荒削りな魅力を愛する調理人。映像・画像・服飾での表現を好むアーティストでもあり、バスケットボールは生涯現役。

hojaluna_雑貨と茶葉系に詳しい。ラッピングのスペシャリスト。#BTzakkaの作者。ナウシカのチククに似てる。映画にも関心がたかく、とくに単館系に通じている。

◇◆◇◇◇

日常か夢うつつか、ここを起点に拡がるほのかな旅路。一番たいせつなことは目にみえない[A.SE]。自在な心地よさとクリエイティブな刺激に浸かろう。ご来場あれ★

Never Surrender Life and Expression is a Fight,

ARTSAVESLIVES

ブログ内検索

ハイキング★hiking

晴天の週末、学校の先生のホームタウンロスから郊外へ車で30分弱の街:シェラーマドレへ

まず、先生の育った街を車でツアー★☆★
幼少~ハイスクールまで過ごした家々、学校、よく遊んだ公園、教会などを巡りながら、ハイキング入口へ。

片道2時間、「よく遊んでた場所で、たいしたトレイルではないよ。」先生の言葉を信じ、ハードだと思わずに山々の木々&美味しい空気の中、スタート

入口すぐで道が細まり、まもなくすると本物の?トレイルが。。。
先生が、その辺の草をむしって渡してくれた。先生のするようにその草を擦ってみる。。。なんとも、イイ香りが。。。「そう、これ、セイジ。乾燥させて、火であぶらせ、インディアンが使ってたもの。」と、ネイティブインディアンの血も流れる先生の言葉は続く。
次に「これは、ベイ(:月桂樹)★ただ、このベイは香りがきつすぎて料理などには向か・・・」との説明の最中、思いっきり香りを吸い込んでしまい、鼻の奥が
ツ、ツ~~~ン!!!

そんなこんなのうちに道は容赦なくアップダウンを繰り返し、柵もナシのリアルトレイルが続く。家族連れや、お年寄り夫婦、トレイルランニングする元気な人たちなどなど、このトレイルを楽しむ人々が。。。
ちょこちょこと休憩を挟みながら、更に歩みを進めると

湧き水が!!!

その冷たく美味しいことこの上ナシ★大感動!!持ってきたペットボトルの水を全てこの湧き水に入れ替えたのは言うまでもなく

そして、スタートから2時間弱。。。山のてっぺんでなく中腹へ到着。。。
持参したフルーツ・先程の湧き水を頂きながら、辺り一面の木々の静寂さ、明らかに違うきれいな空気をしばし満喫したのでした

帰路は、何度も足を滑らせながらも順調に下山途中かなりハードなトレイルコースへ向かった時は、どうなることかと。。。
しかしながら、その先に見えたプールみたいな谷底から見る湧き水のきれいさは、それまでの疲れも飛ぶ程でした

それから暫く筋肉痛が酷かったのはむろんのこと(笑)そして心地よい睡眠にも就けたのでした


By Leafie
comments(2)|trackback(0)|★IMPRESSION_雑感・日誌|2006-02-08_16:44|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

話には聞いていますが、たしかに開幕戦以降の入りはどこもかんばしくない状況のようですね・・・。
いま国内ではバスケットに関し、いくつかの取り組みが行われている最中のようなので、今年の春あたりにはある程度の結果も確認できるでしょう(それが良いものであれ悪いものであれ)。
おおくの友人が表でも裏でも関わっているので、状況がよくなることを望みます。
zamapapaさんも長い目で応援してあげてくださいね☆
日本のバスケット事情
昨日2/11、BJリーグの東京アパッチと大阪エベッサの試合を見てきました。祝日にもかかわらず、観客は1000~2000人と寂しく、日本でのプロ化は早すぎたかも。リーグの存続が心配です。

basketballcafe_twitter

MURontheDL_twitter

hojaluna_twitter

"just do that shit"

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ