世界一愉しくバスケであそぶバスケカフェ 〓●BALL TONGUE●〓 [BALL TONGUE ONE YEAR PARTY]の記憶 by MUЯ
fc2ブログ

世界一愉しくバスケであそぶバスケカフェ 〓●BALL TONGUE●〓

L.A.とNYC仕込みのアメリカンフードと種類豊富なお酒やドリンクが愉しめるカフェ。NBAの試合を毎日放映中。人気のフードは特製のドライカレーやタコス、フィリーチーズステーキや手づくりのフレンチフライなど。オリジナルアパレルや輸入品、オリジナル雑貨の販売もしている♠

オリジナルT、バスケアイテムなどを扱うオンラインストア。もちろんBALL TONGUE店頭にも商品あり。 オリジナル雑貨などを扱うオンラインストア。もちろんBALL TONGUE店頭にも商品あり。 東西線『木場駅』から徒歩2分、店への行き方はここをご覧あれ。 日本で唯一、世界にも稀なバスケカフェ。そんな店BALL TONGUEでは、連夜フレッシュなNBAのゲームを放映中。 本格機材とこだわりのカフェ空間でDJイベントが行えます。 バスケットボールカフェBALL TONGUEのfacebookページ。 伝説ノユニフォーム屋。BALL TONGUEでデザインの打ち合わせなどもできます。

プロフィール

MUЯ&BALLTONGUEcrew

Author:MUЯ&BALLTONGUEcrew
東京の東側・木場T13/*東京方面寄りの端の4b出口)にあるバスケ50%:アート50%のカフェ。人気のメニューは特製のドライカレーやタコス、フィリーチーズステーキや手づくりのフレンチフライなど。L.A.とNYC仕込みのアメリカンフードと種類豊富なお酒やドリンクが愉しめて、自在な心地よさとクリエイティブな刺激に浸かれる憩いの場。NBAの試合を毎日放映中。オリジナルアパレルや輸入品オリジナル雑貨の販売もしている。

行き方/〒135-0042 東京都江東区木場6-10-5 栗田ビル2F

より大きな地図で T-13 を表示

電話/03-3640-3742
営業時間/16:00-23:45

定休日/日曜
*祝日は通常営業してます。


東西線木場駅4b出口(*東京方面寄りの端)のすぐそばのバスケットボールカフェ。

*席の予約、およびイベントパーティー開催可能。気軽にお問い合わせください。

→Phone;(03)3640-3742
 Mail;cafeballtongue@gmail.com
 facebookページtwitterアカウントinstagramアカウント

┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻






6-10-5, Kurita Bldg. 2F, Kiba, Koto Ward, Tokyo, JPN 135-0042[MAP]

Phone(03)3640-3742

OPEN hours;
Mon-Sat. 16:00-23:45

*On National Holidays, we usually open as on daily hours.

cozy cafe/bar, 2minutes walk from metro T13(exit 4b).
┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻

NBAオフ会パック

特別メニューを含む料理のコース+チームイメージのNBAカクテルを含む2hの飲み放題で4500yen


 ・貴方のチームイメージのNBAカクテルを含む2hの飲み放題

 ・このパックでしか食べられないBT特大ハンバーグつき

 ・持ち込みのジャージやロゴグッズ展示で、店内をそのチームのカフェに改造

 ・当日放映するゲームの決定権あり

 ・記念集合写真の撮影サービスあり

 ・飲み放題のラストオーダー後もゆったりと滞在可能

 ・BTスタッフやHOOP誌の援護のもと、チーム公式アカウントに英語で突撃

━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━


┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻

●blogライター紹介●
MUЯ(まー)_アメリカンフードの荒削りな魅力を愛する調理人。映像・画像・服飾での表現を好むアーティストでもあり、バスケットボールは生涯現役。

hojaluna_雑貨と茶葉系に詳しい。ラッピングのスペシャリスト。#BTzakkaの作者。ナウシカのチククに似てる。映画にも関心がたかく、とくに単館系に通じている。



日常か夢うつつか、ここを起点に拡がるほのかな旅路。一番たいせつなことは目にみえない[A.SE]。自在な心地よさとクリエイティブな刺激に浸かろう。ご来場あれ。

Never Surrender Life and Expression is a Fight,

ARTSAVESLIVES

ブログ内検索

[BALL TONGUE ONE YEAR PARTY]の記憶 by MUЯ

「びっくり…。」


これがやりおえた率直な感想。

とにかく今回は、丁寧に丁寧に準備を重ねてた。
特別で大切な夜を、ためらいなく盛り上げてやると思ってた。

そして迎えた、1周年の夜♪




oneyear17.jpg
oneyear11.jpgoneyear12.jpg
弾けて溢れかえりそーな大盛況◎

俺の予測はいつもわりと前向き。でもソレですら、スコンと乗り越えてく人の波。
なんだか空間が、膨大なエネルギーに充たされてる感じがする。
コクピットさえあれば、このビルは緑に光って歩き出してくかも(どこへw?)。


一晩中「共に愉しんでありがとうで祝うぞっ!」って気分につき動かされてた俺は、乗車率170%ぐらいの店内をうろうろ。杯を合わせ、杯を重ね、色んな笑顔を見てた。
カウンター周りはあり得ない人だかり。そんな中、キッチン組のみんなも楽しげに頑張ってくれててなにより。
oneyear08.jpgoneyear09.jpgoneyear10.jpg

あとありがたかったのは、GYMRATSのスーパー仕事人makiちゃん♪
バスケの現場でいつもテキパキ働いてくれてるさまを見てたから、今回はBALL TONGUEとしても頼らせてもらうことにw。
やっぱすご腕だ~。


19時オープンのこのパーティーは、20時半ごろにはすでに収集つかないかもってぐらいに人で溢れだした。
最初のうちは正直、心配だったりもした。
どちらかといえばいつものうちのカフェは、ゆったりとスペースをとって日常と時間を忘れてもらえるような癒しのイメージ。その中で、なにかのきっかけとなる創造性や刺激をひっそりと。

けれどこの日はそれとは逆に、満員の人と目にみえる刺激に満ちあふれてる。
ぅわ~、だいじょぶかな…なんて、チラッと思ったりもした。

けれどさらによくよく考えれば、それはどちらもポジティブなことだと気づいた。
この晩に重なったイメージは、数年前ベニスで友達といった海岸のバーとか、フットボールのファイナルで興奮しまくってたスポーツバー(*BALL TONGUEは、2005~06年にアメリカに住んでみてた頃の経験をもとにつくられたカフェです)。
それらの店もとてもぎゅうぎゅうだったけど、そんな店に単純に客として行けてた頃の俺らはそのぎゅうぎゅうを楽しんでたりもした。
ま、それを思い出させてくれたのはもちろん、この晩ここBALL TONGUEに来てくれてた人たちの愉しそうな顔と声。
oneyear13.jpgoneyear14.jpg
oneyear15.jpgoneyear16.jpg


「そぅだよな~」って思った。
「アノ感じもつくってみたかったんだよな~」と。
この特別な夜に、この夢がまず一回、実現した。


そんな中、俺自身とても楽しみにしてたライブがはじまる。
まずは三千世界


機材トラブルで若干スタートがおしたものの、はじまれば即座に会場の空気をかえる実力派クルー!!!!
友達agaruiに加えて、Kinesis、Solace、○○(ヤバ~いビートボクサー、けど名前失念…!)なども参加っ。

暗澹としてシリアスなトラックの上に紡がれる、多国籍MCsのマイクリレー。
アンダグラウンド特有の重さがありながらも、たしかな技術と場をつかむ存在感とつよく前向きなリリックのためか、フロア中の視線は一気に片隅の窮屈なステージへと注がれる。
oneyear04.jpgoneyear05.jpg
続いて、このカフェの盟友アーティストとでも云うべきhiroshの、ショートステージ。
昨年後半から、ほぼ毎月といえるペースでここでのライブを実践してくれてきた彼ならではの、タイトでミニマルな音楽実験室。またも見るからにクールな機材を触媒に、会場に充ちたパワーをうねらせてくれた。

そして今回のトリは、GONDWANA THE TRIO
民族系打楽器隊ならではの、土くさい暖かみのあるナチュラルな音色。それでいてそれのみに頼らない冒険性や実験性、さらには多様性が独特のグルーヴをもたらしているような。。。
最後はフロアを巻き込んでの、フリーセッションへとなだれこみ~♪♪


oneyear03.jpg
これはまさに期待したとおり。
そしてその期待にのってくれる、イキオイとテンションをもったお客の皆さん最高です◎
かっこいいね。



この後も、夜は明けるのかってほどにとにかく長く続いたけど、音の終盤はDJイチカワノリがゆる~く愉し~くつないでってくれマシタ。
DJといえば、前半のアッパーなテンションをつくりあげたhiro&tonytouchもさすが。
パワーと明るさとガチャガチャ感wに充ちた2人のキャラが、よく出てる選曲だったさ~◎
けどアームレスリング決勝戦はもちこしだね~w。


oneyear02.jpgoneyear01.jpg
12時をまわった頃には人の波もようやく落ちついてきたけれど、それでも地元系の人たちや隣町KELのスタッフ一味などがいてなかなかの活況ぶり。
パーティー名物(?)の陳'Sスペシャル“杏仁豆腐”を、みんなでパクパクしたり。
歓声があちこちであがるほどのうまさだったよー。



この日のいただきモノをちょろっと紹介します。
数々の花束(ケーキにみえるやつや、革箱につまったの、男らしいカラーリングのとか、バスケゴールっぽいのとか、ストリート系のとか色々)や、度肝をぬかれた桜の枝、イチゴの木、お寿司、お酒、お菓子、コインをかじる貯金箱、駒沢タオル、手製のスウェット、調味料、パンフ、ポスター、芸術的フリーペーパー、soyjoy8色などなど、バラエティに富んだ祝いの品や差し入れを。。。
ぅぅぅ。。。。
さらになにかと縁のある東京アパッチさんからは、レギュラーシーズン最終戦のチケットを○○枚も!
(*これは当日すぐに配ったけどまだ若干残りがあるので、バスケ観戦に興味のある方はぜひ声をかけてくださいな♪)






いろんな仲間や、いろんなお客さんが協力してくれたり参加したりで、ほんといい夜になった。
この晩がこんなに盛り上がったのを、自らのコトみたく喜んでる反応もとても嬉しかった。
じつは進行の甘さゆえ実行しきれなかった企画もあったけど、総じてみるとすごい良かったな~って思える一夜。
ふり返るとこのいい流れは、はじまる以前からはじまってた。
ブログ、mixi、口コミなど、このパーティーの告知におおくの友達が協力してくれたおかげで、これだけのうねりを起こせたのだと思う。

これからもこの店は歩みつづけるし、この夜を経たからこそのステップアップもきっとある。
けれどこの特別な夜は一度限りだし、それを俺らは最高に幸せなかたちですごすコトが出来た。

ずっとずっと忘れられないだろう。


ありがとう。





ひと段落したし、新作にむけて動きだします☆
さてっ、この木場バスケカフェブログ、はて何位??

By MUЯ
comments(10)|trackback(0)|☆EVENT INFO._イベント告知|2008-03-19_04:03|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

>Gondwanaさん
ありがとうございますっ!

あのkids trioもナイスですよねw。
楽しんでいただけてとても嬉しいです◎
Happy Anniversary、楽しませてもらいました。
みんなが作ってくれた音に感激。
ちっちゃな天使たちに遊んでもらって感激。
ありがとー!!
>ゆうたkuri
盛り上がったよー、すっごく◎
あなたのホーミーも来てくれたよー(STね)。
>gano
固っ・・・w。


お祝いの言葉ありがと♪
じゃぁ近々待ってるよーーー。
>まいける
ぅはは~、そーかもねーー。
ごった煮で、なかなかスパイシーな感じかもw。

床が抜けたら大惨事だよー。でもみんな、あのテンションなら笑っちゃってたかな…?
>しほちゃん
申し訳ないなんてとんでもないっ!
すてきな花をありがとー。あの飾り方は実際初めてみたよ◎

うん、またいつでもプラリとどーぞぅ。
お!
盛り上がったみたいですね!!
いきたかったな~。
改めまして、オープン一周年おめでとうございます。
どうしても、予定が合わず参加できなかったこと・・・
申し訳ないです。。。

近いうち、三人で顔出します。
ごった煮な客層が、もっそいBALL TONGUEぽかった。
ドリフのセットみたいに重みで床が抜けてしまわないか心配しました。
おめでとうございました!
せっかくのステキな日に、お祝いに行くことができず申し訳ないです。
たくさんの方が来て下さったみたいですね!
今度また遊びに行かせていただきます!!

インフォメーション

FOODDRINKS
PARTY PLANS_パーティープラン
DJ PLANS_DJプラン

"just do that shit"

月別アーカイブ