世界一愉しくバスケであそぶバスケカフェ 〓●BALL TONGUE●〓 ashes and snow
fc2ブログ

世界一愉しくバスケであそぶバスケカフェ 〓●BALL TONGUE●〓

L.A.とNYC仕込みのアメリカンフードと種類豊富なお酒やドリンクが愉しめるカフェ。NBAの試合を毎日放映中。人気のフードは特製のドライカレーやタコス、フィリーチーズステーキや手づくりのフレンチフライなど。オリジナルアパレルや輸入品、オリジナル雑貨の販売もしている♠

オリジナルT、バスケアイテムなどを扱うオンラインストア。もちろんBALL TONGUE店頭にも商品あり。 オリジナル雑貨などを扱うオンラインストア。もちろんBALL TONGUE店頭にも商品あり。 東西線『木場駅』から徒歩2分、店への行き方はここをご覧あれ。 日本で唯一、世界にも稀なバスケカフェ。そんな店BALL TONGUEでは、連夜フレッシュなNBAのゲームを放映中。 本格機材とこだわりのカフェ空間でDJイベントが行えます。 バスケットボールカフェBALL TONGUEのfacebookページ。 伝説ノユニフォーム屋。BALL TONGUEでデザインの打ち合わせなどもできます。

プロフィール

MUЯ&BALLTONGUEcrew

Author:MUЯ&BALLTONGUEcrew
東京の東側・木場T13/*東京方面寄りの端の4b出口)にあるバスケ50%:アート50%のカフェ。人気のメニューは特製のドライカレーやタコス、フィリーチーズステーキや手づくりのフレンチフライなど。L.A.とNYC仕込みのアメリカンフードと種類豊富なお酒やドリンクが愉しめて、自在な心地よさとクリエイティブな刺激に浸かれる憩いの場。NBAの試合を毎日放映中。オリジナルアパレルや輸入品オリジナル雑貨の販売もしている。

行き方/〒135-0042 東京都江東区木場6-10-5 栗田ビル2F

より大きな地図で T-13 を表示

電話/03-3640-3742
営業時間/16:00-23:45

定休日/日曜
*祝日は通常営業してます。


東西線木場駅4b出口(*東京方面寄りの端)のすぐそばのバスケットボールカフェ。

*席の予約、およびイベントパーティー開催可能。気軽にお問い合わせください。

→Phone;(03)3640-3742
 Mail;cafeballtongue@gmail.com
 facebookページtwitterアカウントinstagramアカウント

┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻






6-10-5, Kurita Bldg. 2F, Kiba, Koto Ward, Tokyo, JPN 135-0042[MAP]

Phone(03)3640-3742

OPEN hours;
Mon-Sat. 16:00-23:45

*On National Holidays, we usually open as on daily hours.

cozy cafe/bar, 2minutes walk from metro T13(exit 4b).
┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻

NBAオフ会パック

特別メニューを含む料理のコース+チームイメージのNBAカクテルを含む2hの飲み放題で4500yen


 ・貴方のチームイメージのNBAカクテルを含む2hの飲み放題

 ・このパックでしか食べられないBT特大ハンバーグつき

 ・持ち込みのジャージやロゴグッズ展示で、店内をそのチームのカフェに改造

 ・当日放映するゲームの決定権あり

 ・記念集合写真の撮影サービスあり

 ・飲み放題のラストオーダー後もゆったりと滞在可能

 ・BTスタッフやHOOP誌の援護のもと、チーム公式アカウントに英語で突撃

━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━


┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻

●blogライター紹介●
MUЯ(まー)_アメリカンフードの荒削りな魅力を愛する調理人。映像・画像・服飾での表現を好むアーティストでもあり、バスケットボールは生涯現役。

hojaluna_雑貨と茶葉系に詳しい。ラッピングのスペシャリスト。#BTzakkaの作者。ナウシカのチククに似てる。映画にも関心がたかく、とくに単館系に通じている。



日常か夢うつつか、ここを起点に拡がるほのかな旅路。一番たいせつなことは目にみえない[A.SE]。自在な心地よさとクリエイティブな刺激に浸かろう。ご来場あれ。

Never Surrender Life and Expression is a Fight,

ARTSAVESLIVES

ブログ内検索

ashes and snow

なんだか坊さんみたいな少年の背に、天使のごとく翼ひろがってたり。

しゃがみ込んだ優しげな象と、対面する少年のちいさな姿があったり。


セピアのポスター、ロサンゼルスでここ数ヶ月、気になってた。



これは数日前をふり返っての記事。
今はニューヨーク。一昨日無事引越完了。

その引越のわずか3日前。
ロサンゼルスにいるうちに、駆け込むように行った美術展のはなし。




Gregory Colbert [ASHES AND SNOW]

こう題されたこの美術展は、サンタモニカの海岸で行われていた。
ふしぎな外観の大きな建物。

GColbert3


さびたコンテナを互い違いに重ねてある。GColbert4



街中でみたポスターに心惹かれて行っただけだったから、どういったアートフォームなのかは見るまでわからなかったが、足を踏みいれたその先でみたものは美しい写真映像
そしてそれら作品を一部に組みこんだ大きな作品であるかの如く、その空間そのものが全体で世界観を表現している。


写真は一見すると、精緻な絵画のようにも見える。
神々しさすら思わせる動物と、原初的で自然体な美しさを感じさせる人間が、古い石造りの建造物や自然を舞台にコミュニケーションする構成。聞くと大判の和紙にセピアでプリントしているとのことで、独特のぬくもり感はそこにも原因がありそうだ。

GColbert


映像はシンプルな音楽をベースに、写真と同様のテーマを映像ならではの切り口で発信しているようだ。3つの作品を見ることが出来たが、メインの作品は5分強、サブの2作は3分程度だったように思う。
具体的な展開はない抽象的な作品ながら、映像の美しさと独特の神秘性からどれもじっと見入ってしまった。

美術館は入り口の天幕をくぐった中に、見上げるほどの高い天井と暖かみのある調光の空間でひろがっていた。まずはここで、この空間に感激させられる。今までに見慣れた美術展の感覚を超えて、ここがひとつの異世界になっているからだ。
もっといいのは、建物として完全に外界を遮断していないこと。その逆に海風のそよぎや、わずかな隙間から差し込む日射しがやわらかく空間づくりに作用している。この日は晴れだったが、雨の日に行ったとしてもそれはそれで滴の音が心地よく響いたはず。素晴らしいと思う。
さらに出たあとに知って驚いたが、この建物は常設ではないらしい。仮設テントのようにこの美術展に伴って設置され、つまり当然終了後は解体され、作品と共に各地を転々とするらしい。とてもそうとは思えない規模と完成度でした・・・。
この美術館の設計は同郷・日本のSHIGERU BAN(坂茂氏)の手によるモノ。この事実も感心させられました。



芸術は進化するもの。

もちろんその過程過程で最大限に時代の空気を吸いこみ、その最先端であるものは普遍的な美しさを備えることは認識した上で、その事実を思う。
Gregory Colbertの作品は、ほぼ確実にデジタルの技術を道具として成り立っているはず。自分や数々の友人のアートフォームと近い製作工程が、彼の作品を目にするうちに想像できた。そしてその上でそこに表現されているものは、オーガニックさや神秘性、原始的胎動など有史以来の生命美。


自分ともちかい手法で、優れた表現をするアーティストの作品を見られたことはよい刺激でもあり・・・・。
心地よい感想とともに自分のアートワークにもなぜか胸を張りたくなって、その会場をあとにした。


GColbert2

web、クールですよっ◎

By MUЯ

追記:これのせいでお待たせしちゃったBang-Lee & たみちゃん。
改めてごめんっ、ありがとーぅ。
あのニット抜きにはニューヨークはきつかったさー(今日も息白いょん☆)

さてっ、このバスケカフェブログ、はて何位??
comments(0)|trackback(0)|☆ART_アート|2006-03-20_17:56|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

インフォメーション

FOODDRINKS
PARTY PLANS_パーティープラン
DJ PLANS_DJプラン

"just do that shit"

月別アーカイブ